スバルを体験しよう セントレア新施設「フライト・オブ・ドリームズ」 10/12〜

公開 : 2018.08.20 17:10

愛知県から、スバル好きにとって、航空機ファンにとって嬉しいニュースです。中部国際空港セントレアに、この秋オープンする新しい複合商業施設にスバルが協賛。ボーイング787初号機が屋内展示され、ボーイングの工場体験や787図鑑の作成が楽しめます。

中部国際空港セントレアの新商業施設

スバルは、中部国際空港セントレアが今秋オープンする新たな複合商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ:愛知県常滑市セントレア1-1)」のスポンサーとして協賛することを発表した。

「フライト・オブ・ドリームズ」は、航空機メーカー、ボーイングより寄贈されたボーイング787初号機(ZA001)の屋内展示をメインとした新複合商業施設。本施設の展示エリアは、ZA001号機のほか、航空機産業や航空業界について楽しみながら学べる体感型コンテンツで構成されるという。

またボーイング創業の街シアトルをテーマとした商業エリアも併せ持ち2018年10月12日にオープンを予定している。航空機メーカーという、もう一つの顔を持つスバルが、中央翼などの設計・製造に携っているボーイング787初号機を展示した本施設に協賛することで、顧客に「安心と愉しさ」を提供していくという。

「フライト・オブ・ドリームズ」でスバルが協賛するのは、次のページのコンテンツだ。
 

関連テーマ