国内試乗

2018.06.29

新型スバル・フォレスターに試乗 2.5ℓ/2.0ℓハイブリッド、どちらがおすすめ? 画像78枚

スバル・フォレスター

テスト日 : 2018年06月27日

文・川島茂夫 撮影・神村 聖 

編集部より

新型スバル・フォレスターに試乗しました。2.5ℓの水平対向4気筒のほかに、2.0ℓ水平対向4気筒とモーターを組み合わせた「eボクサー」が存在します。5代目新型と4代目の違いを探るとともに、どちらのパワートレインを選ぶべきかを川島茂夫が探ります。

もくじ

5代目フォレスター、どう変わった?
2.5ℓ、2.0ℓHV それぞれの立ち位置は
2.5ℓ、2.0ℓHV 乗った印象の違い
2.5ℓと2.0ℓHV どちらを買うべき?
スペック

5代目フォレスター、どう変わった?

厳密に言えばアウトバック(グランドワゴン)が先行するが、これはレガシィの派生モデルでもあり、専用開発のスバルクロスオーバーSUVの始祖にはフォレスターを位置付けるのが適当だろう。

5代目となる新型は初代以来のアウトドアホビーに適したレジャーワゴンというコンセプトを継承深化させたモデルである。アウトドアホビーの現場での走破性や使い勝手だけでなく、目的地までの過程を心地よく過ごせるというオン&ラフロード適性の高次元での両立が、昔も今も変わらぬ同車の大きな特徴である。

ハードウェア面ではSGP(スバル・グローバル・プラットフォームや改良型のパワートレインが見所となる。従来車では2ℓのNA仕様とターボ仕様の2構成だったが、新型ではNA 2.5ℓとシリーズ式ハイブリッドの2ℓの構成となった。

2.5ℓ車が従来の2ℓ車に代わる標準設定であり、排気量アップは実用動力性能の向上と共にフォレスターが上級にシフトしたことを示している。現行スバルXVのポジショニングを考慮すれば当然だろう。

ハイブリッド車は従来ターボ車に代わる設定となるが、高性能より高効率、あるいはエコ・プレミアム志向にシフトした結果であり、後項で述べるがこの辺りは時代の変化を積極的に捉えた結果とも言える。

いずれにせよ、フォレスターの職人気質型の頑固さとSUVが市場の幹へと成長した「今」を感じさせる構成である。

next page2.0ℓ、2.5ℓHV それぞれの立ち位置は

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ