グリーンピース VW英国本社前で抗議活動 ディーゼル廃止訴え

公開 : 2018.08.22 10:40

環境保護活動団体のグリーンピースは、フォルクスワーゲンがディーゼル車の製造を中止するよう訴える目的で、同社の英国本社前を占拠しました。彼らはVW UKの社長との対話をのぞんでおり、フォルクスワーゲンはそれを受け入れる方針を示しています。

もくじ

ディーゼル車の販売中止を要求
ディーゼル車「都市部の大気汚染の主な原因」
継続的にターゲットに

ディーゼル車の販売中止を要求

ディーゼルエンジン排出ガスの人体への影響を懸念するグリーンピースの活動家らが、ミルトン・キーンズにあるフォルクスワーゲンUK本社前を占拠した。

このグループの目的は、フォルクスワーゲンUKのポール・ウィリス社長と話をすることだという。グリーンピースや複数の医師らが、NOxを始めとするディーゼル排出ガスの人体への影響についての講義を行った。

グリーンピースはディーゼルゲートスキャンダルを受け、フォルクスワーゲンをターゲットとしている。これは英国で最大のディーゼル車メーカーであることを理由としている。

フォルクスワーゲンがこの問題以降もディーゼル車の販売を続けていることも批判の理由となっている。

フォルクスワーゲンのスポークスマンは「ポール・ウィリスは18カ月前、彼らがウォルフスブルグを訪れてわれわれの今後の方針を知る機会を与えています。われわれはこれについて回答を得ていません」と語った。

関連テーマ