メルセデス-AMG GT Rロードスター ニュルでテストを目撃 写真6枚

公開 : 2018.08.22 12:55

AMGはGT Rロードスターの開発を決定し、そのテストをニュルブルクリンクで開始しました。パワートレインはクーペのGT Rとほぼ共通と見られています。GT Cロードスターと同様、オープン化に伴う剛性低下は最小限に抑えられるでしょう。

もくじ

GT Rロードスター投入決定か
剛性低下は最小限に

GT Rロードスター投入決定か

メルセデス-AMGが、ハードコアなGT Rのオープン版を、ニュルブルクリンクでテストしている。発売は来年となる見込みだ。

GTのコンバーチブルは、現在GT Cロードスターがトップモデルであり、AMGはRにロードスターを設定するかどうかは未定としていた。しかし、この難攻不落のサーキットを攻め込む姿を見る限り、その決定は下されたようだ。

ロードスターとなってもGT Rのグリル後部に取りつけられたアクティブ式エアベントなどの空力パーツの大半が引き継がれることは明らかだろう。リアのディフューザーやリアウイングも共通になると見られる。

パワートレインも同じユニットだ。AMG製4.0ℓの「ホットV」と呼ばれる8気筒エンジンにより、585ps、71.3kg-mを発揮する。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事