海外試乗

2018.08.02

AMG C63 S、フェイスリフト 2018年型に初試乗 不動のクラス王者

メルセデス-AMG C63 S

テスト日 : 2018年7月24日

価格 : 7万7500ポンド(1131万円)

文・マット・ソーンダース 

編集部より

フェイスリフトを受けたメルセデス-AMG C63。既にライバルを凌駕する地位を確立しているといえますが、その地位の保持のためのパワーアップは不要だったようです。依然としてライバルを超える魅力に溢れた存在なのか、ドイツのビルスターベルク・サーキットで、実力を確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
スキの見当たらない、クラス最強
英国ではクーペが人気だけれど
どんな感じ?
依然ライバルを凌ぐインテリア
9速ATは多段すぎる?
一般道がさらに得意になった
「買い」か?
アウトバーン育ちの宝もの
スペック
メルセデス-AMG C63 Sサルーンのスペック

どんなクルマ?

スキの見当たらない、クラス最強

現行のメルセデス-AMG C63が2015年に発表された際、同等の競争力を持つライバルの中でも、最高出力、最大トルクともに最強のスーパーサルーンだった。そのカテゴリーでは、V8エンジンを搭載した唯一のモデルでもあった。

それから3年が経った今でも、ライバルモデルが様々な動きを見せるものの、C63が属するカテゴリーでは最高出力、最大トルクともに最強という座は変わっていない。価格が近似しているものの、レクサスGS-Fはまもなく英国では姿を消すし、キャディラックCTS-Vは左ハンドルのみだから、ライバルとはいいにくい。

モデルライフ中期にあたるフェイスリフトを受けたC63には、もはやスキは見当たらない。変更を受けた部分は、主に4.0ℓのV8よりも下流側にある。従来までのトルクコンバーター式の7速ATに変わって、湿式クラッチを用いた新しい9速ATを搭載した。また、最高出力が低めに設定されるC63では機械式のリミテッドスリップデフに変わり、トルクベクタリングに対応するeデフが、C63 S同様に組み合わされることになった。

さらにAMGダイナミクスと呼ばれる、マルチモード・ブレーキ制御によるトルクベクタリングシステムも搭載され、AMG GT-Rにも採用されている、9ステージに及ぶトラクションコントロールシステムもお目見えした。加えて、サスペンションとステアリング周りにも、わずかながら変更が施されている。

next page英国ではクーペが人気だけれど

すべての画像をみる

 
最新初試乗

人気コンテンツ