どうなるダイソン 2021年にEV生産? シンガポールが拠点、スポーツカーなし

公開 : 2018.10.24 20:10  更新 : 2018.10.24 20:24

自動車事業への参入計画が話題のダイソンですが、2020年完成を目指して2階建ての生産施設を建設することを明言しました。その後、早々に生産を開始する予定です。

もくじ

工場はシンガポールに
広大な研究施設が英国に近く完成
スポーツカーの予定は今のところなし
ダイソン初のEVとは

工場はシンガポールに

ダイソンの電気自動車(EV)市場への新規参入は目前。そのための生産施設が、2020年完成を目指してシンガポールで建設中だ。

EV事業に25億ポンド(3750億円)が投資されたが、専用の2階建て工場建設もその一環で、市販車の発売は2021年を予定している。今回の発表に先駆け、英ウィルトシャー州ハラヴィントン飛行場に建設したプルービング・グラウンドが公開されているが、ここにはテストコースや高速走行用のストレート、高速道路を模した路面やオフロードコースなどが設けられている。

ダイソンの従業員に当てた書簡で、ジム・ローワンCEOはこう述べている。「シンガポールもまた、急成長するマーケットへのアクセスや広範囲のサプライチェーン、技術力の高い労働力などを得られます。比較的コストの高い土地ですが、素晴らしいテクノロジーの専門知識を持つひとびとが集まる場でもあります。ですから、ハイクオリティで技術の水を集めたマシンを造るには最適な場所で、それはわたしたちのEV造りにも当てはまります」

ダイソンは当初、掃除機と洗濯機をウィルトシャーで製造していたが、2002年と2004年にそれぞれ生産拠点をマレーシアに移している。その工場建設にあたり、合弁相手に選んだのがマレーシアに足場を置く投資グループだった。2013年には、シンガポールのトゥアスにデジタルモーターの工場を開設したが、これは大幅な拡張を続けてきた。この地域における供給ネットワークを確立しているということは、EV生産を初めて手がける上で、有利な材料となるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事