ケンブリッジ公爵夫妻 マクラーレン新生産拠点オープン式典に出席

公開 : 2018.11.15 17:10

マクラーレンがシェフィールドに新たな生産拠点をオープンしたことを受け、ケンブリッジ公爵夫妻およびバーレーン皇太子が出席しての記念式典が行われました。カーボンファイバー製タブ技術の研究開発を促進し、他社へのカーボンパーツ供給も可能となります。

もくじ

新生産拠点を公式オープン
カーボン製タブの研究を加速
他社への供給も可能に

新生産拠点を公式オープン

シェフィールドのマクラーレン・オートモーティブ2番目の生産拠点は、ケンブリッジ公爵夫妻およびバーレーンの皇太子が訪れ公式オープンを果たした。

マクラーレン・コンポシット・テクノロジー・センター(MCTC)はカーボンファイバー技術の研究開発の拠点となる。軽量化およびエネルギー効率を高めることが目的だ。

今回の式典に出席したのは、シェフィールドおよびロザラムの首長、近隣の株主ら、そしてここで働く50人強の従業員たちだ。

マクラーレンが初めてお膝元のウォーキング以外に設立した拠点で、シェフィールドとロザラムの中間に位置するカトクリフのアドバンスド・マニュファクチャリング・パークの内部にある。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事