BMW 8シリーズ・グランクーぺ 公道テスト目撃 後席2座/3座? エンジンは

公開 : 2018.12.17 11:40

BMWが6シリーズ・グランクーペの後継車種として開発している8シリーズ・グランクーペの公道テストの様子が目撃されました。グランクーペモデルは8シリーズをベースにホイールベースや室内空間が拡張されたものとなります。

徐々に判明しつつある全体像

今回目撃されたBMW 8シリーズ・グランクーペのテスト車両はカモフラージュが少なく、実車の全体像が容易に判断できるものとなっている。

全体的に既存のクーペやコンバーチブルを拡張したような形ではあるが、リアが2座なのか3座なのかは依然として不明である。

8シリーズ・グランクーペは6シリーズ・グランクーペの後継車種としてリリースされる予定で、ポルシェ・パナメーラやメルセデス・ベンツCLSと競合する。

英国の場合、320psを出力するディーゼルエンジンを搭載した840dと539psを出力するM850i xドライブがグランクーペのローンチ時に用意され、これらは他の8シリーズと同じである。

その後に600ps近くを出力する4.4ℓV8ツインターボエンジンを搭載するM8バージョンが投入されると見られる。グランクーペにM8コンペティションモデルが投入されるかは不明だ。

英国仕様の8シリーズ・クーペの840dは7万6000ポンド(1084万円)で販売されることから、8シリーズ・グランクーペの価格は最低でも8万ポンド(1141万円)になると推測する。

グランクーペは来年上半期に発表され、英国仕様は秋の終わりごろに販売が始まるだろう。