アストン マーティン、ハイブリッド用直列6気筒を開発中か AMG製V8の置き換え

公開 : 2018.12.17 11:20

アストン マーティンは現在自社のクルマに採用しているAMG製V8エンジンを置き換えるための自社製ハイブリッド用直列6気筒エンジンを開発中とのことです。新開発エンジンを最初に搭載するモデルは同社初のSUV、DBXと見られます。

AMG供給から自社供給へ

新しいエンジンの開発はもう始まっている。将来導入されるであろう、より厳しい環境基準を満たすためには、自社開発の直列6気筒エンジンが不可欠となるのだろう。DBXのハイブリッドモデルが最初に採用すると推測する。

アストン マーティンは2013年にメルセデス-AMGと技術提携を結んだ。この提携により、アストン マーティンはメルセデス-AMG製4.0ℓV8ツインターボエンジンの供給を受け、現在DB11やヴァンテージなどに採用している。

だが、このエンジン供給の話は一時的なものだという。その間、アストン マーティンの技術者たちは直列6気筒エンジンの開発に取り組んでいるということだろう。

新開発エンジンの詳細はまだわかっていないが、おそらく同社のラピードEと関連する技術がフィードバックされるのではないかと予測する。

新たなエンジンの噂が上がっているが、しばらくはAMG製のエンジンを使い続ける。来年登場のDBXもその例外ではなく、ターボチャージャー付きV8とV12のモデルがまず用意され、ハイブリッドモデルは2020年以降に投入されると思われる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事