TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018 トヨタモータースポーツの総決算 新型スープラも登場

2018.11.25

昨2018年は念願のル・マン24時間レースの優勝と、WRCメイクス・チャンピオンを勝ち取ったトヨタ。その活躍を「GAZOO Racing」最大のファン感謝イベントで振返りましょう。天候にも恵まれた富士スピードウェイには4万3000人が集まり勝利を祝いました。

text & photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

ル・マン、WRC制覇を祝福

すっかり秋の恒例行事となった、TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL(TGRF)が、昨2018年11月25日、富士スピードウェイで開催された。2018年も様々な自動車関連のニュースが飛び出したが、中でも特に日本人にとって悲願でもあり、実は自動車関連にとどまらないほどの快挙とも言えるのが、トヨタがル・マン24時間耐久レースを制したということではないだろうか。日本メーカーとしては、マツダが既に優勝を収めているが、日本のメーカーが日本人ドライバーで優勝という意味では今回が初の快挙だ。そんなトヨタにとってはル・マンの初優勝に加えて、WRC世界ラリー選手権のチャンピオンを獲得も重なった2018年を、4万3000人のファンが富士スピードウェイに駆け付け、シーズンを振り返り祝福した。

豊田章男社長の挨拶でスタート

小林可夢偉選手がドライブする白のトヨタ・センチュリーで登場したトヨタ自動車の豊田章男社長。実は今までTGRFにはレーシングドライバーの “モリゾウ” として参加だったが、同社にとっても忘れることのできない快挙を成し遂げた2018年を振り返り、またシーズンを通して声援を送ってきたファンに、トヨタ自動車の社長としてあいさつをおこなった。「本当に多くのファンの皆さんに早朝から集まっていただきました。本当にありがとうございました。今日1日、ここにいるドライバー、スタッフが、心ひとつにして、みなさんを笑顔にできるよう、さらにクルマを好きになっていただけるよう、精一杯おもてなしさせていただきます!」と述べた。

新型スープラも登場

さらにパドックのテントでは、2019年上半期に販売が予定されている、新型スープラこと『GRスープラ・レーシングコンセプト』がさり気なく登場し、来場したファンを驚かせていた。こうしてトヨタのモータースポーツの素晴らしさと歴史を伝える1日は、大きな思い出を残して名残惜し中幕を閉じた。

79枚の写真でみる詳細レポートは、記事下の「すべての画像をみる」で公開中。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ スープラの人気画像