DS3クロスバック、日本発売は夏か 4/6〜展示開始 ラ・プルミエールを撮影

2019.04.05

DS3クロスバックの日本展示が、明日から開始。その車両を撮影することができました。このクラスでこの濃密なインテリア、話題となりそうです。写真40枚。

実車写真 40枚

フランスのプレミアム・ブランド、DSが送り出すコンパクトSUV、DS3クロスバック。既報の通り、その実車の日本ツアーが明日4月6日から始まる。

用意される展示車の1台、DS3クロスバック・ラ・プルミエールを撮影することができた。車両はイギリス仕様となり、今後日本に導入される仕様とは細部が異なる形になるが、是非ご紹介しておきたい。

外観は、サイド・ウインドウ周りにラバーモールが存在しないように見えるのが特徴。さらにドアハンドルはボディ外板と面一になるフラッシュフィット・タイプを採用した。

インテリアの作り込みは特筆に値し、DSが特別なブランドであることを物語る1番のポイントだろう。ランチアが好きだった方でも納得できる濃密な世界が目の前に広がる。

欧州仕様のボディサイズは下記の通りとなっている。

全長:4118mm
全幅:1791mm
全高:1534mm
ホイールベース:2558mm
荷室容量:350ℓ

車体構造は新開発のCMPアーキテクチャーとなり、先ごろ欧州で発表された新型プジョー208にも使われる次世代プラットフォームだ。本国では内燃仕様のほかにEV仕様もラインナップ。

電動化にも対応したアーキテクチャーとあって、EV仕様のバッテリーは内燃エンジン車の燃料タンクの位置、シート下、センタートンネル内に配置。つまり、室内空間とラゲッジスペースが、内燃仕様とEV仕様で同じ広さとなるという。

日本仕様の発売は、夏ごろになると予想される。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事