DS 3、車名変更で「クロスバック」外す EV航続距離向上の改良新型、欧州発表

公開 : 2022.09.28 18:25

DSは、小型クロスオーバーのDS 3クロスバックの改良新型を発表。車名から「クロスバック」が抜けて「DS 3」となったほか、EV仕様のパワートレインが強化されています。

車名変更 スタイリングも刷新

DSは、DS 3クロスバックの改良新型を欧州で発表した。スタイリングやパワートレインが更新されたほか、車名からクロスバックが抜け、「DS 3」となっている。

スタイリングは小変更が加えられ、デイタイムランニングライトがやや角ばった形状となり、ヘッドライトもわずかにスリム化した。上位モデルのDS 7と調和するデザインとなっている。

DS 3
DS 3    DS

EV仕様のDS 3 Eテンスのパワートレインは大幅に進化した。出力を従来の136psから156psに向上。バッテリーは45kWhから50.8kWhに拡大し、航続距離は320kmからほぼ400kmに伸びた。

このパワートレインは、プジョーの新型e-308および改良新型e-208にも採用される。

欧州向けのDS 3には2種類のガソリンエンジンも用意されている。最高出力100psで6速MTと組み合わせたものと、130psで8速ATの組み合わせがある。また、130psのディーゼルエンジンも用意される。

インテリアでは、10.3インチのインフォテインメント・タッチスクリーンが刷新され、最新バージョンのソフトウェアを搭載。ウィジェットのパーソナライズが可能だ。

なお、DS 7と同様に「クロスバック」の名称を廃止したことについて、DSの広報担当者は、ハッチバックのDS 3の販売を終了したため、重複を避けるための名称が不要になったとしている。

DS 3の欧州向け価格は、ガソリンモデルで3万100ユーロ(約415万円)から、EVのEテンスは4万1700ユーロ(約575万円)から。

フランスでは受注を開始しており、2022年末に納車開始予定となっている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

DSの人気画像