トヨタ・マークX、年内で生産終了 特別仕様車「ファイナルエディション」発売

2019.04.24

トヨタ・マークXが、2019年12月に生産終了されます。50年以上のモデルライフに感謝し、特別仕様車「ファイナルエディション」が登場しました。

250S/250Sフォー・ファイナルエディション

トヨタは、マークXに特別仕様車「250Sファイナルエディション」「250Sフォー・ファイナルエディション」を設定し発売した。

マークXは、1968年に前身モデルであるマークIIとして登場以来、50年以上にわたるモデルライフを辿ってきたが、2019年12月をもって生産終了となる。ファミリーカーから始まったマークIIは時代の変化を察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩み、2004年にマークXに改名した。

本特別仕様車は、外装はスパッタリング塗装の18インチ・アルミホイールを特別装備(2WD)するとともに、ダークメッキのフロントバンパーモールを採用し、洗練された上質感を創出。外板色には、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、プレシャスブラックパールの全3色を設定している。

内装には、ブラックとレッドを配色したアルカンターラ®+合成皮革シート表皮と、レッドを配色したソフトレザードアトリム表皮を採用。さらに、本革巻き4本スポークステアリングホイール、シフトブーツ、インサイドドアグリップ、フロントコンソールボックスなどの随所にレッドステッチを施すことで、スポーティな印象を際立たせている。

また、駐車時の接触や衝突の回避に貢献する「クリアランスソナー&バックソナー」を標準装備し、デザインだけでなく安全性能の充実を図った仕様とした。

マークX 特別仕様車 250S “Final Edition”:333万1800円
マークX 特別仕様車 250S Four “Final Edition”:348万9480円

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事

        ×