ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

日産シルフィ 新型のデザイン、どうしてそうなった? デザイナーQ&A

2019.04.16

100字サマリー

「シルフィ」の名が新型で復活して注目を集めています。日産は、新型発表のリリースとともに担当デザイナーとのQ&Aも公開。全文をAUTOCAR JAPANでも掲載します。

もくじ

内外装 デザイナーのこだわり
ボディサイズ 室内の犠牲は
従来のシルフィから継承部分

内外装 デザイナーのこだわり

――新型シルフィのエクステリアデザインのポイントについて教えてください。

「新型シルフィは『力強く自信に満ち溢れる(Vigorous/Confidence)』と、『鋭敏で躍動感のある(Lean/Dynamic)』をキーワードにデザインしました」

「具体的には、タイヤの大径化とともに低重心を感じさせるプロポーションと、力強く踏ん張る姿を想起させるワイドスタンスによってそれらを表現しています」

「また、日産車共通のデザインアスペクトもふんだんに織り込んでいます。2018年の広州モーターショーで中国市場に向け発表した、新型アルティマでも採用している新型のVモーショングリルはバンパー下端からフードまでラインをつなげることで、よりダイナミックで力強い動きを演出しています」

「前後のランプには一目で日産のモデルとわかるブーメランシグネチャーをこのクルマでも採用し、またサイドビューのアスペクトであるフローティングルーフも表現しています」

――インテリアデザインのポイントについて教えてください。

「シルフィをお選びいただくお客さまには快適で機能的、そしてモダンなインテリアデザインがふさわしいと考えました」

「そこから生まれたキーワードである『考えぬかれた構造体(Smart structure)』は、作りこまれた直観的な機能性を示す『精巧で直観的な(Elaborate/Intuitive)』と、スポーティでありながらくつろぎの空間を表現する『研ぎ澄まされつつ快適な(Lean/Comfortable)』の両立によって成り立っています」

 
最新海外ニュース