ミニおよびミニ・クラブマン用に2つのデザイン・パッケージが登場

2013.05.23

ビー・エム・ダブリューは、同社の扱うブランドミニに2つのデザイン・パッケージ、グリーン・パークおよびハイド・パークをハッチバック・タイプのミニおよびミニ・クラブマンに設定した。

グリーン・パークは、ロンドンにある公園の名前で、バッキンガム宮殿とその庭園の北側、ピカデリー・サーカスの南東側に隣接する。1749年にオーストリア継承戦争の終結を祝う祝賀行事で行なわれた花火大会に際し、ゲオルク・ヘンデルが「王宮の花火の音楽」を初演した場所として知られている。そのパッケージの内容は、ペッパー・ホワイトのボディ・カラー、 クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ、ブリティッシュ・レーシング・グリーン・ルーフ&ミラー・キャップ、インテリア・サーフェス・ペッパー・ホワイト、カラー・ライン・ポーラー・ベージュ、バイカラー・Cピラー(ミニ・クラブマンのみ)、スポーツ・シート(クーパーのみ)、ボンネット・ストライプ・ブリティッシュ・レーシング・グリーンといったもの。価格は、クーパー用が150,000円、クーパーS用が125,000円。

ハイド・パークは、ロンドン中心部ウェストミンスター地区からケンジントン地区にかけて存在する公園で、ロンドンに8つ存在する王立公園の一つ。そのパッケージの内容は、ペッパー・ホワイトのボディ・カラー、クロス/レザー・コンビ・クロス・チェック・ポーラー・ベージュ、クール・シャンパン・ルーフ&ミラー・キャップ、インテリア・サーフェス・ペッパー・ホワイト、カラー・ライン・ポーラー・ベージュ、バイカラー・Cピラー(ミク・クラブマンのみ)、スポーツ・シート(クーパーのみ)、ボンネット・ストライプ・クール・シャンパンといった内容だ。価格は、クーパー用が150,000円、クーパーS用が125,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事