BMW X1もキドニーグリル大型化 マイナーチェンジでプラグインハイブリッドも

公開 : 2019.05.30 16:22  更新 : 2019.05.30 16:22

BMWで最も売れているSUV、X1にアップデートが施されました。外観がリフレッシュされたほか、新たに追加されたプラグインハイブリッド四輪駆動のxドライブ25eは、電気のみで50kmの距離を走行可能です。

もくじ

X1もキドニーグリルを大型化
xドライブ25eの燃費は50km/ℓ
最上位モデルのxドライブ25iは0-100km/h加速6.5秒

X1もキドニーグリルを大型化

BMWの世界的に最も人気が高いSUV、X1にミッドライフのマイナーチェンジが施された。外観の小変更に加え、中国以外の地域では初めて、プラグインハイブリッド仕様が設定された。

昨年、BMWは28万7000台近いX1を販売した。このセグメントをリードするモデルであり、だから外観がそれほど大きく変わらなかったことは意外ではない。

キドニーグリルは、新型X7と足並みを揃えるように大型化され、ヘッドライトや前後バンパーの形状が変更されたことで、X1に新鮮な印象を与えている。エグゾーストテールパイプも70mmから90mmに大径化した。

Mスポーツ仕様はさらに多くのスタイリング変更が施され、従来よりも差異化が進んだ。車高は10mm低く、大型のインテークとボディ同色となるバンパー下部やサイドのトリムが特徴だ。

Mスポーツにはより大型のブレーキディスクも装備される。ボディカラーの新色や、新デザインのホイールも選べるようになった。