アウディeトロン50 価格/出力/航続距離を抑えた電動SUV eトロン55比120kg軽量

公開 : 2019.08.05 12:00  更新 : 2021.02.09 23:25

アウディの電動SUV「eトロン」に、バッテリー容量の少ないグレードが追加。航続距離や動力性能は下がりますが、上級グレードより邦貨価格が130万円ほど安い見込みです。

航続距離 300kmに

アウディが電動SUV「eトロン」に、これまでより安価で軽量な「eトロン50」を追加した。

英国では2020年はじめに発売が予定されているこの新バージョンは、車重が既に販売されているeトロン55の2565kgよりも120kgほど軽い。その主な理由は、より小さなバッテリーパックを搭載しているからだ。

eトロン50が搭載する71kWhのバッテリー(おそらくこれがeトロンに用意されるバッテリーで最小容量となるだろう)は、航続距離がWLTPサイクルモードで最長300kmと発表されている。95kWhバッテリーを積むeトロン55と比べると100kmほど短い。

eトロン50の主な競合は、同じくWLTCモードで航続距離400kmのメルセデス・ベンツEQC 400 4マティックになるだろう。

また、eトロン55は150kWの急速充電に対応するが、eトロン50は最大120kWまでしか対応していない。それでも急速充電ステーションではバッテリーの80%を30分で充電できるという。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事