カーレビュー

2019.07.07

ロードテスト アウディeトロン ★★★★★★★★★☆

アウディeトロン55クワトロ

テスト日 : 2019年6月26日

価格 : 7万1520ポンド(約1073万円)

編集部より

いよいよ市販化されたアウディのゼロエミッションSUV。ジャガーIペースほど走りが楽しめるものではないものの、高級感や洗練性はクラス随一。このオール電化クワトロ、ドイツ車の電動化を加速させそうです。

もくじ

はじめに

意匠と技術 ★★★★★★★★☆☆

内装 ★★★★★★★★★☆

走り ★★★★★★★★☆☆

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

操舵/安定性 ★★★★★★★☆☆☆

快適性/静粛性 ★★★★★★★★★☆

購入と維持 ★★★★★★★★★☆

スペック

結論 ★★★★★★★★★☆

はじめに

アウディにとって最初の量産EVは、やっと投入されたという印象だ。滅多にないことだが、ライバルメーカーがEVを発売しても急ぐことなく、満足いく完成度を求めた結果である。

ジャガーやメルセデスもまた、最近になって電動パワートレインを用いた高級感のある中型SUVを導入してきた。どちらも時流に乗った魅力が満点だが、アウディには別の関心事がある。フォルクスワーゲングループのディーゼルスキャンダルに加担したことで、相当のイメージダウンを被ったこのブランドは、将来的な厳しいCO2平均排出量規制に適合するのと同時に、名誉挽回を図るためにも、この手のクルマをラインナップすることが必須なのだ。今後4年にわたり、アウディはサステイナビリティを商品戦略の中心に位置づけ、電動モビリティと自動運転に140億ユーロ(約1兆7200億円)規模の投資を行うという。

このeトロンは、ハンガリー製の電気モーターとポーランド製のバッテリーパックを積み、ベルギーで組み立てられる。ブランド改革に弾みをつけるとともに、少なくとも短期的には、アウディが電動自動車を手がけるメーカーだと周知する目的も与えられた。データを見る限り、なかなか有力なオファーだ。パフォーマンスや航続距離、価格のいずれをとってもおおむね競争力があり、充電容量はクラストップレベルだ。そのうえ、デザイナーは慎重を期して、このブランドのセールスを成功に導いた特徴的なルックスのエッセンスを採り入れている。

とはいえ、1980年のUrクワトロ以来、もっともイノベイティブなアウディといえるeトロンは、まだ草創期ながらも重要視されているこのクラスにおいて、実際にはどのような立ち位置にあるクルマなのだろうか。また、路上に出たそれは、どれほど革新的なものに感じられるのだろうか。そして、7万ポンド(約1050万円)を超えるプライスを正当化できるだけの実用性や洗練性、さらには多くが期待する走りの楽しさを備えているのだろうか。

 
最新試乗記

人気コンテンツ