ランボルギーニ・ラウンジ 今度はイタリアのリゾート地に アヴェンタドールSVJ/ウルス展示

公開 : 2019.08.05 14:55

イタリアのリゾート地に「ランボルギーニ・ラウンジ」が出現。アヴェンタドールSVJ、ウラカン・エボ/スパイダー、ウルスがカスタマーを迎え入れます。写真14枚。

ウラカン・エボ・スパイダーも展示

アウトモビリ・ランボルギーニが今夏、イタリアのリゾート地であるサルデーニャ島のポルトチェルボに、ライフスタイルを提案する「ランボルギーニ・ラウンジ」をオープンする。9月8日までの期間限定ラウンジだ。

多くのヨットが停泊するポルト・ヴェッキオ(「旧港」)に隣接したプロムナード・ドゥ・ポルト内に開設され、洗練された時間を過ごしながらランボルギーニの世界観に触れられるのが特徴だ。

ランボルギーニ・ラウンジは、2017年にニューヨーク・マンハッタンのアッパーイーストサイドに初出店。ランボルギーニ・スタイルを体現したラグジュアリー感に加え、インフォーマルな空間を提供した。マンハッタン同様に新ラウンジでは、カスタマーとの一体感を深め、プレミアム感を高める場所となっている。イタリア有数の風光明媚な景観を誇るコスタ・スメラルダ沿いのドライブだけではなく、ランボルギーニというブランドの精神を反映し、洗練されたライフスタイルも味わえるのだ。

600㎡を超えるラウンジの敷地には、ウラカン・エボとウラカン・エボ・スパイダー、アヴェンタドールSVJ、スーパーSUVのウルスが展示されている。室内のアドペルソナム・スタジオでは、パーソナライゼーションの膨大なオプションを展示。また、1963年から今日に至るまでの50年以上にわたる歴史をたどるマルチメディアの旅に出かけることもできる。このほか、新しいアパレル/アクセサリーラインなどランボルギーニのライフスタイルに関する展示エリアも用意される。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事