ボルボ、新しいXC40を計画

公開 : 2013.07.04 12:09  更新 : 2017.06.01 02:16

ボルボはV40クロスカントリーとはまったく別のXC40の登場を計画している。しかし、関係筋が語るように、適当なプラットフォームがないのだという。

ジーリー傘下となったボルボは、SPA(スケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャー)と呼ばれるプラットフォームを開発し、来年後半に登場する新しいXC90から使用されることになっている。しかし、このSPAプラットフォームが使用される最も小さなモデルは次期S60なのだという。

ボルボの関係筋はXC40に関して「数を売る」クルマであるという。ちなみに、最近ボルボで好調なセールスを示しているのはXC90とXC60だ。

アウディQ3やレンジローバー・イヴォークに対抗するモデルがラインナップから欠けているボルボとしては、XC40でその穴を埋めたいという考えがある。V40クロスカントリーは、ロードカーをベースとしたオフロード・モデルだが、XC40はまったく別のSUVとなる予定だ。但し、前述のようにそのプラットフォームについては議論の余地がありそうだ。

ちなみに、ジーリーは中間ブランドを造ることを考えているようだ。ジーリーは低価格ブランドとし、ボルボは世界的なプレミアム・ブランドとなる。その中間を埋める新たなブランドの創出を計画しているとのこと。但し、この中間ブランドが、中国市場だけのものとなるのか、グローバルに提供されるものかは不明だ。

 

人気記事