ゲンバラ社 「最先端」のハイパーカー 2020年に向けて計画 0-200km/h加速6.5秒

公開 : 2019.10.29 16:15

ドイツのチューニングブランド、ゲンバラ社。0-100km/h加速を2.5秒以下でこなす、ガソリンエンジンを搭載したハイパーカー開発のために、資金調達を進めているということです。

ガソリンエンジンで0-200km/h加速6.5秒

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ドイツを拠点にするチューニングブランド、ゲンバラ社は、2020年発表と噂されるハイパーカーの開発に向けて、資金調達を進めているという。

これまで、マクラーレンポルシェの数多くのモデルのチューニングを手掛けてきたゲンバラ社。豊富な経験をもとに計画を進めている、プロトタイプのエクテリアデザインと仕様概要を明らかにした。

ゲンバラ社「最先端」のハイパーカーのデザインスケッチ
ゲンバラ社「最先端」のハイパーカーのデザインスケッチ

仮にこれが具現化されれば、同社として初めての受注生産モデルとなる。ハイパーカーには最先端の走行技術と空力技術を投入するとされ、0-100km/h加速は2.5秒以下、0-200km/h加速でも6.5秒でこなすという。

当初は通常のガソリンエンジンで生産されるが、ハイブリッドモデルや、将来的には純EVへと展開されると予想できる。マニュアル・トランスミッションも用意される見込み。まずは内燃エンジンに焦点を当てているようだ。

ゲンバラ社CEOのステファン・コルバッハは、「自社として初めての、純粋なスポーツカーの開発に注力しています。突出したアピアランスと性能を兼ね備えた、モダン・クラシックなクルマです。ゲンバラ社のクルマにはガソリンエンジンのサウンドが必要。新しいトレンドがクールとは限りません」 とコメントしている。

AUTOCARがゲンバラ社について触れるのは、創設者だったウーヴェ・ゲンバラが南アフリカで2010年に殺害されて以来。その後会社組織が改められ、2015年にコルバッハがCEOに就任している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像

×