日産リーフ、認定中古車制度を導入

2013.07.23

日産自動車は、リーフの認定中古車制度を開始すると発表した。

対象となるのは、バッテリー容量計が12セグメント(新車時から1セグメントも減っていない状態)の車両。事故修復歴がない車両。外観傷や内装傷、故障部位について補修、修復済みの状態の車両。走行距離50,000km未満の車両。初度登録年月日からの経過が4年(48ヶ月)以内の車両。これら基準をすべて満たす車両となる。

認定中古車は、5年10万kmまでのバッテリー容量を保証するとともに、次の2つが特典となる。まずひとつめが、「EVバッテリー使い方診断」を施工し、バッテリー容量の計測を実施するとともに、バッテリーをより長持ちさせるための使い方をアドバイスする「バッテリーアドバイスシート」の作成。そしてもうひとつが、EV用の定期点検・整備がパックされた「メンテプロパック」を無償でサービスするというものだ。

 
最新国内ニュース

人気記事