日産 新型リーフ、最短で来年3月にも生産開始か 「困難」に直面する英サンダーランド工場

公開 : 2024.05.28 06:05

日産は英サンダーランド工場で次世代モデル「リーフ」の生産を2025年3月に開始する見込み。エネルギー価格など厳しい課題に直面するが、多額の費用を投じて生産準備を進めている。

エネルギー価格は欧州本土の「2倍」になることも

日産自動車は英国のサンダーランド工場に20億ポンド(約4000億円)を投じる大規模な改修を行い、2025年3月からEV「リーフ」の次世代モデルの生産を開始する見込みだ。

欧州市場向けの現行型リーフは3月に生産終了しており、同工場では生産ラインに新しいバッテリー組み付けステーションを追加する作業が始まっている。

日産の英サンダーランド工場で次世代EVの生産準備が進められる。
日産の英サンダーランド工場で次世代EVの生産準備が進められる。

生産試験は8月から半年間行われる。早ければ来年3月から新型の導入準備が整うため、2024年末には情報解禁されることになりそうだ。

リーフは2021年公開の「チルアウト・コンセプト」で予告されたように、現在のハッチバックタイプからクロスオーバータイプへと変化する。欧州向けの車両はジュークやキャシュカイとともに英国で生産される予定だ。

日産はサンダーランド工場に多額の投資を行っており、5月24日に改良型キャシュカイの生産を開始したばかりだが、現地で生産を続けることには「障害がないわけではない」と、部門責任者のアラン・ジョンソン氏は言う。

「ここでの事業継続はおおむね正当化できますが、簡単なことではありません。本当に難しい課題です」

同氏は取材に対し、工場存続のためにはデータに基づく効率化の推進など厳格なコスト削減努力が必要だと語った。また、英国でのEV生産も「うまくいく」可能性はあるが、「すべての条件が整った場合に限られる」とした。

「他国との競争になると、英国にはかなりのハンディキャップがあります」

主な阻害要因としては、現地におけるサプライチェーンの最適化の難しさや英国政府の「堅実な政策」の欠如も挙げられるが、最大の課題はエネルギーコストだ。場合によっては「欧州本土の2倍を支払うこともある」ため、生産コストが上昇し、1台あたりの販売マージンが減少するという。

その対策として、日産は再生可能エネルギーを現地調達する取り組みを強化している。現在、工場のエネルギー使用量の20%(1週間で合計約350MW)は、敷地内の風力発電所と太陽光発電所から供給されている。将来的にはこれを100%まで引き上げる方針だが、具体的な達成時期は明らかにしていない。

コスト増を受け入れながらサンダーランドにこだわる理由について、ジョンソン氏は次のように答えた。

「ここには資産があります。施設や設備だけではありません。人も資産です。今ある資産を最大限に活用することが、当社の利益になるのです」

記事に関わった人々

  • 執筆

    ウィル・リメル

    Will Rimell

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    平成4年生まれ。テレビゲームで自動車の運転を覚えた名古屋人。ひょんなことから脱サラし、自動車メディアで翻訳記事を書くことに。無鉄砲にも令和5年から【自動車ライター】を名乗る。「誰も傷つけない」「同年代のクルマ好きを増やす」をモットーにしている。イチゴとトマトとイクラが大好物。

関連テーマ

おすすめ記事

 

日産 リーフの人気画像