ブガッティ、6台のスペシャル・モデルを発表

公開 : 2013.07.25 20:00  更新 : 2017.06.01 02:15

  • ジャン・ピーエル・ウィミーユは1937年のル・マンをタイプ57Cで制した。

  • 1939年にはタイプ59Gを駆ってル・マンで2勝目を上げた。

  • 1936年に取られたジャン・ピーエル・ウィミーユ(右)。

ブガッティは来年、ヴェイロン・グランド・スポーツ・ヴィテッセをベースとした6台のスペシャル・モデルを発表する。

ブガッティ・レジェンドと呼ばれるそれらのモデルは、ブランドの歴史を作った個人をトリビュートしたモデルだ。そして、それらのモデルは限定バージョンとして登場することになる。

その最初、8月16日から18日まで行われるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで公開されるジャン・ピーエル・ウィミーユをトリビュートしたモデルとなる。ウィミーユは、1937年をル・マンでタイプ57Cで、1939年のル・マンをタイプ57Gで勝利したドライバーだ。このタイプ57こそが、ヴェイロンのネーミングの元となるピエール・ヴェイロンと共同開発されたモデルである。

ウィミーユのナショナル・カラーであるブルーにペイントされるウィミーユ・スペシャル・エディションは3台が生産される予定だ。

この他の3台を加えた6台の限定モデルは、1184bhpの8.0ℓW16エンジンが搭載される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ブガッティの人気画像