フランクフルト・モーターショー:フェラーリ458スペチアーレ

公開 : 2013.09.11 23:00  更新 : 2017.06.01 02:15

フェラーリは、フランクフルト・モーターショーで、458スペチアーレを公開した。フェラーリは、この458スペチアーレを、完全に新しく、妥協のない、現代的なスポーツカーのコンセプトを持つ、としている。

458イタリアからの修正点は、そのパワートレインとダイナミックな能力、そして空力面だ。特に、エアロダイナミクス面は、将来のフェラーリにも用いられることを前提に開発が行われたという。

エンジンは458イタリアのV8のパワー・アップ・バージョンで、パワー、トルクは597bhp、55.0kg-m。フェラーリがこれまでで生産したノーマル・アスピレーションのV8としては最強のスペックを持つ。ピーク・パワーの発生回転は9000rpm。トルクは6000rpmだ。
車両重量は1290kgで、0-100km/h加速が3.0秒、0-200km/h加速が9.1秒というパフォーマンスを発揮する。フィオラノのテストコースでは1周23秒5というタイムを叩き出している。これは標準的な458イタリアよりも1.5秒速く、F12ベルリネッタよりも僅かに0.5秒遅いタイムだ。ちなみに、CO2の排出量は275g/kmという。

ピニンファリーナが最終的なスタイリングに関与したボディは、主にエアロダイナミクス面からの必要とされるものが追加されたのだという。最も重要な変化はフロントとリアに取り付けられたムーバブル・エアロダイナミック・フラップで、ダウンフォースを稼ぎだすのと同時にドラッグを軽減するのに役立っている。

スペリアーレには、サイド・スリップ・アングル・コントロール、略してSSCと呼ばれる電子制御システムが新たに採用された。新しく開発されたアルゴリズムによって、スペチアーレのスリップ・アングルを計算し、2つの車輪の間のトラクション・コントロール・システムとトルク分配を管理するというもの。更に、ミシュラン・パイロット・スポーツ・カップ2タイヤが標準で装備される。この組み合わせの結果、いままでのどんなフェラーリよりも巨大な1.33という横Gを生み出すとフェラーリはコメントしている。

価格はまだ公表されていないが、£210,000(3,200万円)程度になる。標準的な458イタリアは£178,526(2,720万円)だ。丁度、フェラーリF430と430スクーデリアの関係に近い価格差だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×