回顧録 フェラーリ3台比較試乗 進化の足跡と最新モデルの実力 前編

公開 : 2019.01.22 10:40  更新 : 2019.01.24 11:39

2010年に登場した数々のクルマからもっとも鮮烈だった一台を挙げるとしたら、それは間違いなくフェラーリ458イタリアでしょう。レギュラーモデルにもかかわらず、その走りはスペシャルモデルさえ凌駕します。458イタリアは史上最高のフェラーリなのでしょうか。

もくじ

個性的な3台のフェラーリ
孤高の存在たるエンツォ
目的に純粋なF40
すべてがスパルタン
現代でも一級品の動力性能

個性的な3台のフェラーリ

それにしても壮観だ。そして、3台がどれも完璧なサウンドを奏でている。ある種の野性を感じさせる点では共通しているが、いずれも見事なまでに個性的で、ほかとは間違えようがない。

静寂に包まれた森林にノイズをまき散らすそのたたずまいは、不用意に近寄れば火炎を吹きかけられそうな不気味な迫力に満ちている。静寂が日常のチョバム・テストサーキットをこんな咆哮が支配するなど、おそらくこれが初めてのことだろう。

今回が初顔合わせというわけではないが、テールパイプを並べた458イタリアとF40、そしてエンツォのそれぞれのエンジンに火が入れられたときに紡ぎ出されるシンフォニーは、とにかく素晴らしいのひと言だ。どのコースを舞台に選んだとしても、やはり誰もがそう思うに違いない。

この3台は間違いなく、ほとんどの読者諸氏が考える現代のフェラーリを代表するモデルであろう。さらにこの3台のあいだには、スーパーカーそれ自体の進化の歴史が凝縮されている。いうまでもなくその時間軸の一端にいるのはF40であり、もう一端が458だ。

いずれも魅力的だとはいえ、なかでもいちばん存在感があるのはどれかといえば、やはりエンツォだ。まずルックスの強烈さでほかの2台を歯牙にもかけない。しかも、458より早10年近くも古いモデルにもかかわらず、さまざまな意味でもっとも現代的に見える。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事