【3座ハイパーカー】ケーニグセグ・ロー(RAW) 車重700kgで700psのコンセプト 内装/スペックは?

公開 : 2020.04.23 20:36  更新 : 2020.04.23 20:36

ケーニグセグが、3人乗りの新型ハイパーカー・コンセプトを発表。「ケーニグセグ・ロー」は車重700kgで、最高出力700psを発揮します。マクラーレンF1方式の3シーターを採用。画像が届きました。

もくじ

Freevalve社の3気筒
レトロと近未来の融合
ドライバーは中央に

Freevalve社の3気筒

スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグが、新型コンセプト「RAW(ロー)」を発表した。

同社のエントリー・モデルの未来像を示すものと考えられる。

ケーニグセグ・ロー・コンセプト。
ケーニグセグ・ロー・コンセプト。

モデル名は、ケーニグセグが所有するデザイン・ハウスにちなんで名付けられたもの。3人乗りのカーボンファイバー・セルを採用し、革新的な3気筒エンジン(Freevalve社のユニット)を搭載する。

この結果、車重はわずか700kgでありながら最高出力700psを発揮する。つまり、パワーウエイトレシオは1kg/ps。

これは、2015年から生産されたケーニグセグ・アゲーラONE(1360ps)に続く偉業だ。

レトロと近未来の融合

エンジンを担当したフリーバルブ社の名前は、2月にデビューした4座ハイブリッド・モデル「ジェメーラ」(1724ps)にも積まれていたから記憶している人もいるだろう。

ジェメーラでは、ツインターボを装備することによって最高出力608psを達成した。

ドアの開き方はお馴染みのケーニグセグ・スタイル。
ドアの開き方はお馴染みのケーニグセグ・スタイル。

「フリー/バルブ」という言葉からも分かるように、バルブの開閉にカムシャフトを使用しないかわりに、電気制御のアクチュエーターがその役割を果たす。

外観はこれまでのケーニグセグとは一線を画す鋭角なプロフィールが特徴。レトロ・フューチャーな味わいのフロント・フェイスで、バー状のライトが組み込まれている。

そこに、同社の伝統である回り込むようなフロント・ガラスと、バブル・ルーフをうまく盛り込んだ。

ドライバーは中央に

ケーニグセグ・ローの内装は、マクラーレン・スピードテールと同じ3シーター・レイアウトだ。

ドライバーはセントラル・ポジションのシートに座る。その左右のやや後方に乗員が乗り込む形式だ。

3シーター・レイアウトを採用するケーニグセグ・ロー・コンセプト。
3シーター・レイアウトを採用するケーニグセグ・ロー・コンセプト。

他にもケーニグセグ社内の言葉で言う「スルー・フロー構造」「ジェットファイター・アフターバーナー・インスパイアード・アーティキュレイテッド・リア・ディフューザー」といった空力技術も採り入れられている。

おそらく0-100km/h加速は3秒前後となるはずだ。

関連テーマ

 

人気記事