【ボディワークが明らかに】日産アリア量産仕様 EVの新型ハイパフォーマンスSUV 2021年、欧州発売か

公開 : 2020.04.30 10:50

日産の新型EV「アリア」の特許画像が発見されました。量産モデルです。変更点があるものの、コンセプトカーのスタイリングをほぼ引き継ぎ、レベル2の自動運転支援機能を搭載した、ハイパフォーマンスSUVとなるようです。

もくじ

フルEVの高性能SUV
リアのスタイリング

フルEVの高性能SUV

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

日産の新たな電気自動車となる新型SUV、アリアの特許画像が発見された。

日産アラビアのファンのインスタグラム・アカウントへ投稿された新しい画像から、生産モデルのボディワークが明らかとなっている。

日産アリア 特許画像
日産アリア 特許画像

全長4.6mの新型ファミリーSUVには、細かい変更点がいくつか見受けられるものの、全体的なスタイリングは、昨年の東京モーターショーで明らかにされた、コンセプトカーから引き継がれていることがわかる。

バンパーの形状、特に下部が若干変更され、牽引フックのカバーが見えるようになり、フロントの両端にあるインテイクにもLEDライトが導入されている。

サイドのデザインは、ほぼ同じように見えるが、フェンダーの高い位置に上げられた充電ポート、ルーフのシャークフィン・アンテナ、およびルーフスポイラーが変更されている。

また、従来のサイドミラーに代わり、ホンダEとアウディeトロンのような、バーチャルミラーの採用が検討されている可能性もあるだろう。

リアのスタイリング

リアには、より大きな変更が加えられている。

リアワイパーが採用され、リアウィンドウは可視領域が縮小されているように見える。

日産アリア 特許画像
日産アリア 特許画像

コンセプトに見られるバックライト付きの日産ロゴは取り外され、全幅に渡るLEDテールライトデザインが保持されている。

市販モデル用にバンパー形状も変更されている。

今回の画像にはインテリアは写されていないが、コンセプトのキャビンはミニマリストなデザインとなっていた。

今年の終わりに発売が予定されている、7人乗りSUV、新型エクストレイルで、待望の新しいインテリアとインフォテインメントが、紹介されることが期待されている。

アリアの量産バージョンが、1年以内にヨーロッパで発売されることはないと考えられているが、モーターとバッテリーパックのサイズに柔軟性を提供する、新しいルノー日産三菱アライアンスモジュラー・アーキテクチャが採用されるだろう。

アリアが、レベル2の自動運転支援機能を搭載することは、明らかになっているが、四輪駆動用のデュアルモーターを備えた「ハイパフォーマンスの100%電動システム」ということ以外、パワートレインについては明らかにされていない。

関連テーマ

人気テーマ