【消えたトレーラー】仏ヴァレオ、被けん引車を透明に XtraVueトレーラーが北米の技術賞を受賞

公開 : 2020.04.30 13:50

けん引しているときに、後方のトレーラーハウスを(映像処理で)透明にしてしまうシステム、ご存知ですか? 取りまわしが大変そうな「けん引」。フランスのヴァレオの最新技術で、どう変わるのでしょうか?

もくじ

バック/車線変更 安全に
未処理/処理後を比較

バック/車線変更 安全に

フランスの大手サプライヤー「ヴァレオ」には、クルマの後ろにけん引しているトレーラーを、視覚的に透明にする技術が存在する。

ドライバーが後方を確認しやすくする世界初のシステムで、「ヴァレオXtraVueトレーラー」と呼ばれる。

ヴァレオXtraVueトレーラーで見た映像。トレーラーハウスが透けているように見え、後方をしっかりと確認できる。
ヴァレオXtraVueトレーラーで見た映像。トレーラーハウスが透けているように見え、後方をしっかりと確認できる。

本システムは、キャンピングハウス、トレーラーハウスなどをけん引している時に、けん引車と被けん引車のカメラが撮影するデータを統合し、1つの映像にするものだ。

運転席のモニターでは、あたかもトレーラーハウス越しに後方が透けているように見え、ドライバーは周囲をしっかりと確認しながら車線変更、バック、駐車操作を行うことができる。

未処理/処理後を比較

このシステムによって、被けん引車のサイズにかかわらず、取りまわしをする際の後方視界が確保できるわけだ。映像統合を行う前の視界と、処理後のデータを比べると、その差がはっきりと分かる。

けん引を行うドライバーが多い北米でとくに評価されており、本システムはAutomotive News(米国の自動車媒体)が主催する革新的な技術を表彰する2020年PACEアワード(Premier Automotive Suppliers’ Contribution to Excellence)を受賞している。

ヴァレオXtraVueトレーラーで統合処理をする前の映像と、処理後の映像。
ヴァレオXtraVueトレーラーで統合処理をする前の映像と、処理後の映像。

なお、ヴァレオは運転支援システムの分野で約20%のマーケットシェアを有している。