【ルーレット族だけじゃない】ガラガラ首都高で、移動オービス増殖中! 何キロオーバーで光ったのか?

公開 : 2020.05.06 11:20

首都高の移動式オービス 光った“瞬間”

移動式オービスは高齢者を中心とした歩行者との接触事故が増えている実情から、「ゾーン30」などの市街地や繁華街で対歩行者の事故を減らすことを目的に導入されてきた。

歩行者とクルマが接触した際、30km/hを超えると死亡率が大幅に上がるというデータもあるからだ。

首都高に設置された移動式オービスで取り締まりが行われた瞬間。
首都高に設置された移動式オービスで取り締まりが行われた瞬間。    オービスガイド

そこで、ネズミ捕り方式の速度違反取り締まりとは違って、違反車両を停めたり、「サイン会場」へ誘導したりの人員や広いスペースが不要、写真が後で郵送されるオービス方式&小型&可搬式であることをウリにした「移動式小型オービス」の導入が2016年以降、急速に全国で進んできたのである。

移動式オービスでは、制限速度30km/hのところを10km/hオーバー程度であっても、超過速度違反として取り締まることも可能になった。

となると気になるのが、首都高の移動式オービスは、何キロオーバーで光るのか?ということ。

こちらも、首都高に設置された移動式オービスが光る瞬間を撮影した、前出の「オービスガイド」大須賀氏に聞いてみたところ……

「実際に速度を計測していたわけではありませんので何キロで光るとは言えません。ただし10キロや20キロオーバーでは光っていないと感じました。

移動式オービスは撮影する(取り締まり対象となる)速度を自由に設定できるはずなので、場所や状況により変更していると思います。

なので、今回は80km/hで通過して光らなかったとしても、次回通過時は撮影される可能性があります。

やはり忘れてならないのは、制限速度を守ることですね」