北京モーターショー:レンジローバー・イヴォーク・ヴィクトリア・ベッカム

2012.04.24

ヴィクトリア・ベッカムがデザインしたレンジローバー・イヴォークが北京モーターショーで発表された。価格は80,000ポンド(1.047万円)前後で200台の限定モデルだ。

2010年夏にロンドンで最初のプレビューが行われた時に、ベッカムがランドローバーのデザイン・チームとジョイントして、デザイン・チーフ、ゲーリー・マクガバンが実際のデザインを行うと発表されている。

北京でマクガバンはAUTOCARにコメントした。

「われわれが彼女を選んだ理由は、彼女はファッション・デザイン界に強い信頼性をもっていることからだ。彼女は、夫であるデイビッド・ベッカムが運転するのを想像しているようで、クルマには男性的な面を求めていた。尤も、男性も女性も男性的なクルマが好きなはずだとも話していた。」

彼女がイヴォークをデザインする際には、ヨット、ジェット機、クラシックカー、映画、ファッションを参考にしたという。

「誰もがこのクルマに、そのクオリティとクラフトマンシップによるスペシャリティを感じて欲しい。私はラグジュアリーなものを好むけど、そこにコンテンポラリーなフィーリングと古典的な鋭さを加えた。」と。

ヘイルウッドの通常のラインで基本的には生産されることとなるが、その後、ランドローバーのスペシャルな「オーダー・エンジニアリング」ディビジョンに運ばれ、エクスクルーシブな装備が施されることになる。

ベースとなるのは3ドア・モデルで、トップ・レンジの237bhpの2.0リッター・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、6速オートマティック・トランスミッションが組み合わせられる。

そのボディはマット・ブラックにペイントされ、20インチのホイールはツヤのあるブラック・ペイントが施され、ローズ・ゴールドのアクセントが入る。また、グリルとバッジまわりもローズ・ゴールドにペイントされる。

豪華な内部は、ハンドステッチのセミ・アリニン・レザー製で、ここにもローズ・ゴールドがアクセントとして使われる。

200台の限定だが、最初の注文は中国向けで、ヴィクトリア・ベッカムのサインの入った4個のラゲッジ・セットとレザー・ウォレットが販売される。

ランドローバーのブランド・ディレクター、ジョン・エドワードは、このジョイントが成功すれば、ヴィクトリアとのリレーションシップは続くだろうとしている。ただし、他のベッカム・エディションの計画はないという。

 

人気記事