北京モーターショー:ジャガーXJアルティメイト

公開 : 2012.04.24 10:54  更新 : 2017.06.01 00:55

ジャガーXJアルティメイトは最も豪華で最も高価なXJだ。2011年に発表されたレンジ・ローバー・アルティメイトが、125,000ポンド(1,630万円)という価格にも関わらず成功したのにインスピレーションを受けて造られたモデルだ。ジャガーはまだ公式に発表していないが、128,000ポンド(1,680万円)程度になると想定される。

ホイールベースが伸ばされ、リア・シートのパッセンジャーのための豪華な作りがされている。フル・アジャスタブルのリア・シートの中央には、折り畳みし奇のアルミニウム・テーブルと、シャンパン・チラーとシャンパン・グラスを格納するスペースが設けられている。iPadおよびキーボード、そしてTVスクリーンと、独立式のワイヤレス・ヘッドホンが装備される。

サスペンションもリア・シートのパッセンジャーに快適さをもたらすための専用チューンとなり、スタイリングも控えめなベーシック・モデルよりも豪華になる。

エンジンは新しいスーパーチャージド3.0リッターV6ガソリンが予定されているが、既存のスーパーチャージド5.0リッターV8やターボチャージド3.0リッターV6を選ぶことも可能だ。

ラルフ・スペッツCEOは、「このジャガーXJアルティメイトは中国で最も売れると考えているが、他の市場でも販売する予定だ。どのような反応があるかわからないが、レンジラーバー・アルティメイト同様、必ず成功すると考えている」とコメントしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事