【新型BクラスのPHEV】メルセデス・ベンツB 250 e 邦貨482万円~ 欧州で受注開始

公開 : 2020.06.19 19:05  更新 : 2021.04.26 14:58

メルセデス・ベンツが、新型プラグイン・ハイブリッド車「B 250 e」の受注を英国で開始。218psを出力し、モーターのみで航続距離67.5kmを達成するこの新しいMVPは、邦貨にして482万円から提供されます。

メルセデス・ベンツB 250 eとは

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

メルセデス・ベンツは、新型Bクラスのプラグインハイブリッド仕様「B 250 e」について、英国の価格と仕様を公表した。

すでに受注が始まっており、夏の終わりにヨーロッパにおける納車が始まる予定となっている。

メルセデス・ベンツ B250e
メルセデス・ベンツ B250e

B 250 eの価格は、AMGライン・エグゼクティブの3万5280ポンド(482万円)~という設定。

バーチャルアシスタンスを備えたMBUXシステム、大型の10.2インチ・ディスプレイ、ヒーター付きフロントシート、エアコン、人工レザー、18インチ・アロイホイール、ワイヤレス充電などの標準キットを備えている。

AMGライン・プレミアムの価格は、3万6780ポンド(502万円)となる。

こちらは、10.25インチの大型デジタル・コックピットディスプレイ、ARナビゲーション、キーレスエントリー/スタート、64色から選択できるアンビエント照明、および高度なサウンドシステムが追加される。

また、プレミアムプラスは、3万8280ポンド(523万円)以上という価格に。

パノラマのサンルーフ、マルチビームLEDヘッドライト、電動フロントシートのメモリー機能、交通標識アシストが追加される。

なお、安全性を高めるためのドライビング・アシスト・パッケージを、1495ポンド(20万円)でオプションに設定した。

エミッションフリー航続距離67.5km

B 250 eは、A 250 e、まもなく登場するGLA 250 eとプラットフォームを共有する。

このうち、A 250 eが一番最初に発売され、同等の仕様のBクラスよりも2300ポンド(20万円)安価であった。

メルセデス・ベンツ B250e
メルセデス・ベンツ B250e

158psの1.3L 4気筒ガソリンエンジンと、102psを出力する電気モーターを搭載する、EQパワーバッジ付きパワートレインは、ユニットは218ps/45.9kg-mというスペック。

15.6kWhのリチウムイオンバッテリーは、WLTPテストサイクルで、航続距離67.5kmをエミッションフリーで実現する。

急速充電器を使用して25分間で10%から80%まで、7.4kWの欧州向けウォールボックスは、1時間45分以内に10%から100%まで充電可能となっている。

標準のA 250とB 250の、パフォーマンスの違いは多くない。

A 250 eの0-97km/h加速は軽いガソリン車より0.4秒遅い6.6秒で、B 250 eは6.8秒となっている。

最高速度は、ハッチバックで235km/h、サルーンで240km/hを達成する。

バッテリーパックの追加により、各モデルの重量は150kg重くなるが、メルセデスによれば、排気システムが変更され、燃料タンクの位置が変わるため、内燃モデルとのスペース差は最小限に抑えられているという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像