【花とともに】フィアット500限定車 スーパーポップ・フィオーレ 75台のみ

公開 : 2020.08.19 12:18

フィアット500に、新たな限定車が登場。「500スーパーポップ・フィオーレ」は、3種類の花をテーマにした限定75台のモデルです。ゼラニウム、ジャスミン、グリーンカーネーション。どれを選びますか?

もくじ

Fiore(フィオーレ)とは
発売は8/29 外装は3色

Fiore(フィオーレ)とは

FCA日本法人が、「フィアット500(チンクエチェント)」に、花をモチーフとした限定車「500スーパーポップ・フィオーレ」を設定し、限定販売すると発表した。

イタリア語で花を意味する“Fiore(フィオーレ)”を車名にした本モデルは、イタリアの街角で目にするゼラニウム、ジャスミン、グリーンカーネーションという3種の花をモチーフにしている。

8月29日に発売されるフィアット500スーパーポップ・フィオーレ。
8月29日に発売されるフィアット500スーパーポップ・フィオーレ。

「花のある生活が心に彩りを与えてくれるように、毎日を明るく、明日も楽しく。そんな想いが込められた限定車です」と、同社は紹介している。

車体のフロントフェンダー、内装のインストゥルメントパネルには、3色の花々が咲きほこる特製ステッカーを配した。

赤はゼラニウム、白はジャスミン、緑はグリーンカーネーションで、イタリアのトリコローレを織り成している。

発売は8/29 外装は3色

限定車のベースとなった500ツインエア・ポップは、最高出力85psを発揮。

875cc 2気筒ターボ特有のビートの効いた回転と、24.0km/L(JC08モード)のエコ性能が特徴だ。

500スーパーポップ・フィオーレは、内外装に特製ステッカーを配した。
500スーパーポップ・フィオーレは、内外装に特製ステッカーを配した。

内装は、ボディ同色でコーディネイトされたダッシュボードや、丸みを帯びたインテリアデザイン、Apple CarPlayとAndroid Auto対応オーディオプレイヤーを備える。

なお限定車のボディカラーには、ボサノバ ホワイト(限定35台)、パソドブレ レッド(同20台)、ミント グリーン(同20台)の3色が用意されている。

合計75台の限定販売で、発売日は8月29日。価格は229万円だ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事