【価格/サイズ/内装は?】ベルランゴ・フィール/シャイン シトロエンが10/1発売 燃費/スペックを解説

公開 : 2020.08.26 19:02  更新 : 2020.08.28 01:03

ベルランゴ 内装

インテリアは、実寸法以上のワイド感が強調されるよう、シトロエンでは水平基調のデザインを採用しているが、それはこのベルランゴでも例外ではない。

フランス車の伝統でもあるシートへのこだわりも同様で、柔らかな感触で掛け心地は抜群。それでいて長時間でも疲れないサポート性に優れたものとなっている。

シトロエン・ベルランゴの前席内装
シトロエン・ベルランゴの前席内装

2トーンのシート地にはアクセントカラーも加えられ、フランス車らしいオシャレさも感じさせる。フロントシートはセンターアームレスト付き。助手席はシートバックを前方に倒すことができる。

リアシートは幅の等しい3座独立式(上級グレードのみ)で、1850mmというワイドな車幅のおかげもあり、おとな3人がキチンと座ることができる。

また、個別に折りたたみが可能であり、後述するようにラゲッジスペースをさまざまにアレンジすることが可能で、RV(レジャービークル)としての使い勝手はきわめて高い。

旅行から着想を得て革のトランクケースをモチーフとしたステッチ入りベルトが、ダッシュボードのアクセントになっている。インテリアにはシートのファブリックが貼り込まれ、リビングルームにいるようなリラックス感が味わえる。

ルーフの大半をガラスとしたパノラミックルーフも備わっている。

関連テーマ