【恵まれたSUV】ホンダCR-V ハイブリッド(最終回)長期テスト 好印象を生む穏やかさ

2020.09.20

サマリー

世界で最も売れているSUVの1台が、ホンダCR-V。5代目も従来どおり快適で洗練され、車内は広々。一方でハイブリッドを獲得したことが特徴です。期待通りの仕上がりなのか、長期テストで英国編集部が確認します。

もくじ

最終回 多くのクルマに乗れる恵まれた仕事
好印象につながる静かで穏やかな走り
不満の少ない恵まれた運転体験
セカンドオピニオン
テストデータ

最終回 多くのクルマに乗れる恵まれた仕事

text:Mitch McCabe (ミッチ・マッケイブ)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
「#Blessed(恵まれている)」。筆者がインスタグラムなど、SNSで目にするハッシュタグだ。

恵まれた仕事だと思う。多くのクルマを試乗できる。当たり前のことではない。同時に、注目を受けることも少なくない。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

時々ガソリンスタンドへ、真新しいクルマ数台を連ねて給油に立ち寄る。クルマ好きのドライバーから、振り向かれることも多い。筆者には手が届かない、高級車のこともある。排気量や燃費も聞かれる。

いつも、自分がオーナーではないことを丁寧に説明する。さらに興味を持った人へは、知っている情報を伝え、車内を紹介することもある。

ポルシェやランボルギーニなど、エキゾチックなモデルではよくあることだ。でも、スーパーカーではないホンダCR-Vハイブリッドでも、似たような体験をするとは想像していなかった。

英国人のCR-Vへの感心度を、過小評価していたのかもしれない。2019年では、CR-Vは世界で最も数多く売れたSUVだった。筆者の考えが違っていたのだろう。

ある霧の深い夜、給油中に隣のポンプへ大型トラックが停まった。1人の男性降りてきて、筆者へCR-Vの感想を聞いてきた。ハイブリッド版を選ぶべきかどうか。

彼の話では、歴代のCR-Vを乗り継いできたのだという。次に乗り換えるクルマを検討していた。わたしの正式回答は、この長期テストの最終回で導かれる。

好印象につながる静かで穏やかな走り

ハイブリッド版CR-Vには多くのメリットがある。まず、走りが滑らか。

電気モーターは、低回転域から強いトルクを与えてくれる。多くの状況で、充分といえる活発さがある。市街地を低速で走る場合も、静かで穏やか。これらの要素が、CR-Vハイブリッドに対する強い好印象を生んでいる。

ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)
ホンダCR-V 2.0i-MMDハイブリッドSR AWD eCVT(英国仕様)

立体駐車場も静かに走れる。同等サイズのSUVと比較して、CO2の排出量も少ない。実環境での平均燃費は13.8km/Lで、ガソリンモデルよりは良い。

イニシャルコストを回収できるだけの差になるかどうかは、走行距離による。でも筆者は、もっとハイブリッドは燃費が良いと考えていた。電動化技術は、軽くないためだろう。

EVモードだけで走るような、短距離が中心のスタイルなら、燃費はもっと伸びるはず。

ドライビング体験は薄味。良い意味で。

パワートレインの複雑さを考えると、違和感なく普通に運転できることに驚かされる。ステアリングホイールに付いた、パドルで操作する回生ブレーキも、馴れれば当たり前の機能に感じられる。

ステアリングホイールの操舵感は、落ち着きがあり正確。乗り心地も快適だ。車線維持支援システムや、アダプティブ・クルーズコントロールも素晴らしい。

一方で、ハイブリッド版CR-Vのマイナスポイントの1つは、牽引重量が750kgに制限されること。力強いディーゼルもなくなり、英国の読者からは残念だという意見をもらっている。

 
最新試乗記

人気記事