【やはり、ライバルではなかった】ダイハツ・タフト独自路線 乗って聞いてわかった ハスラーとの明らかな差

公開 : 2020.09.20 05:50  更新 : 2021.10.13 15:58

ダイハツ・タフトの試乗記です。価格や見た目を考えると、スズキ・ハスラーがライバルとして浮かんできそうです。しかしダイハツも、そして桃田健史が実際に試乗した印象もハスラーとは方向性が異なるものでした。

タフトに試乗 感じるある種の違和感

text:Kenji Momota(桃田健史)
text:Sho Tamura(田村 翔)

体温計測の結果は36.6℃。両手をしっかりアルコール消毒し、試乗に関する同意書に署名。周囲とソーシャルディスタンスを保ちながら、試乗に関する説明を受けた。

新型コロナウイルス拡大の影響を鑑み、自動車メーカー各社の報道陣向け公道試乗会の延期や中止が相次ぐ中、ダイハツが東京お台場のホテルを基点に「タフト」試乗会を実施した。

ダイハツ・タフト
ダイハツ・タフト    田村 翔

これまでタフトについては、オンライン会議システムを使い、ダイハツの製品企画担当者らと意見交換してきたが、試乗は今回が初めてだ。

用意された試乗車は、最上位グレードの「Gターボ」2WDと、ノンターボエンジン搭載の中位グレード「G」2WDの2種類。

まずは、フォレストカーキメタリックの「Gターボ」から乗った。

走り出して最初に感じたのは、視界に対する、ある種の違和感だ。

タフト最大のアピールポイントである、スカイフィールトップは、他に類のない運転感覚がある。

ダイハツによると、運転者が前方を向いた状態で、上下の視野は50~60°。一方で、運転者を支点としてスカイフィールトップを見ると上下86.5°の広がりがある。

また、スカイフィールトップは一般的なサンルーフと比べて、かなりフロントガラス側に配置されている。運転席からの天井を含めた前方視界が「なんだか、いつもの勝手が違う」ように感じる。

シェードを開閉 空間の強弱が楽しい

スカイフィールトップを満喫するため、お台場から東京ゲートブリッジに向かった。

眼下には、東京オリンピックのボート・カヌーの競技会場。頭上には、羽田空港への最終着陸準備が整った大型旅客機のお腹が見える。

ダイハツ・タフトのスカイフィールトップ。
ダイハツ・タフトのスカイフィールトップ。    田村 翔

気分はまるでオープンカーだ。むろん、スカイフィールトップ自体が開閉することはないのだが。

そんなふうに感じるさせる理由について、わかったような気がした。それは、ルーフ自体の低さだ。

東京ゲートブリッジ走行中に、スカイフィールトップのシェードを閉めてみると、一気に車内が狭く感じる。

ボディデザインでのウエストラインがかなり高く、いわゆる上屋(うわや)が小さいことが、タフト独特の雰囲気を醸し出している。

ただし、それは単なる狭さとか、息苦しさではなく、コックピット感につながっている。

そうした独特の空間が、スカイフィールトップによって、さらに大きく変化する。そうした、人が感じる空間の強弱感が、実に楽しい。

空間の楽しさは、外装や内装の造形だけで実現しているのだはない。

走りの楽しさも大きく影響してしている。

この記事に関わった人々

  • 田村翔

    Sho Tamura

    1990年生まれ。東京工芸大学芸術学部写真学科卒業後、2013〜2020年までアフロスポーツのメンバーとして活動。2020年よりフリーに転向。光と影を生かしながらレーシングカーやアスリートの「美」と、報道的かつ芸術性を追求した表現を目指し、モータースポーツと国内外のスポーツ競技を撮影する。日本レース写真家協会(JRPA)会員/日本スポーツ写真協会(JSPA)会員。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ダイハツ タフトの人気画像

×