マツダ・アテンザを一部改良

2013.11.01

マツダはアテンザに一部商品改良を施し11月1日より発売を開始した。

今回の改良では、20S、XDに、低速走行時の衝突被害をブレーキの自動制御で軽減するSCBS(スマートシティブレーキサポート)標準装備した。これによって、アテンザにはSCBSが全車標準装備となった。

また、ガソリン・エンジン、SKYACTIV-G 2.5搭載機種のJC08モード燃費を16.0km/Lへと向上した。

さらにSKYACTIV-D 2.2搭載車では、新たに電動スライドガラスサンルーフをオプション設定するとともに、6MT搭載機種に本革シートなど装備を充実したXD Lパッケージを追加設定している。

CDなどの2チャネル音源でも包み込まれるような臨場感が得られるCenterpoint2機能付きBoseサウンドシステム(11スピーカー)をLパッケージに標準装備としている。

価格は、2,520,000円から3,482,500円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事