【EA888型4気筒ターボで310ps】アウディS3 スポーツバックへ試乗 4代目へ進化

2020.09.27

サマリー

ハイエンド・ホットハッチとしてBMW M135iやメルセデスAMG A35などと対峙する、アウディS3。4代目でも、四輪駆動と2.0LのEA888型エンジンをパッケージ。従来どおり、優れた動的性能を獲得しています。

もくじ

EA888型2.0L 4気筒ターボで310ps
ダンパーや四輪駆動システムを統合制御
走り出した直後から得られる操る自信
新しいRS3への期待も高まる
アウディS3 スポーツバック TFSI(欧州仕様)のスペック

EA888型2.0L 4気筒ターボで310ps

textSimon Davis(サイモン・デイビス)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
1999年、クワトロ社の技術者によって生み出された初代S3。標準のA3が上級ハッチバックとして認知を広める中で、S3はホットハッチ以上に高性能なハッチバックとして、新ジャンルを生み出した。

四輪駆動とMTを組み合わせ、最高出力は210ps。パワフルでコンパクトなハッチバックは、グループB時代のスポーツ・クワトロを想起させた。ランチア・デルタ・インテグラーレなど、ラリーマシンに熱くなった記憶を持つドライバーを再燃させた。

アウディS3 スポーツバック TFSI(欧州仕様)
アウディS3 スポーツバック TFSI(欧州仕様)

初代アウディS3の登場以降、多くの高性能ハッチバックが発表されてきた。しのぎを削るように、動的性能は右肩上がりだ。

2020年の今では、メルセデスAMG A45 Sが搭載するのは、421psの2.0L4気筒ターボ。わずか2000cc足らずの排気量からこれほどの馬力をひねり出すのだから、感心してしまう。

間もなく登場する次期RS3は、間違いなくメルセデスAMGへ容赦ない戦いを挑むはず。それまでは、最新のS3がアウディ製ハッチバック、A3の先鋒を守ることになる。

最新の4代目S3のルックスは従来どおり、標準のA3へ手が加えられたもの。乗員空間は充分に広い。鮮烈なパイソン・イエローのボディが、ひときわ目を引く。少し見慣れた感じもなくはない。

エンジンは、2.0LのEA888型と呼ばれる直列4気筒ターボ。以前のS3だけでなく、フォルクスワーゲンTロックRなどにも積まれる名ユニットだ。最高出力310ps、最大トルク40.7kg-mを発揮する。

 
最新試乗記

人気記事