【やっとわかった進化の中身】マツダ3の走り、一気に向上 eスカイアクティブX搭載 明らかになった真相

公開 : 2020.11.28 05:50

スカイアクティブX。まだまだ、どのように接するべきか悩む方も? 2020年11月18日の商品改良の直前、じつは試乗していました。進化したといいます。

もくじ

スカイアクティブX 試験場での直感
思い込みの原点 ドイツでの試験走行
エンジンだけではない 前部の軽さも
日本もスカイアクティブXの存在感増

スカイアクティブX 試験場での直感

text:Kenji Momota(桃田健史)

「なるほど、やはりそういうことだったのか」

マツダが2020年11月18日に公開した、「マツダ3」の商品改良で「新たな事実」が判明した。

マツダが2020年11月18日に公開した、「マツダ3」の商品改良モデル。
マツダが2020年11月18日に公開した、「マツダ3」の商品改良モデル。    マツダ

マツダは、筆者(桃田健史)を含む一部ジャーナリストを対象に2020年10月後半、美祢自動車試験場(山口県美祢市西厚保町)で「マツダ3プロトタイプ」の試乗会をおこなった。

「ほぼ量産」の状態だったが、現地で公開された各種数値はプロトタイプとしての参考という扱いだった。

試乗の狙いは、新旧スカイアクティブXの比較である。

用意されたクルマは、新旧の2WD/6速ATのファストバック。そして、新旧の2WD/6速MTのファストバック。

以上4台を乗り比べた。

最初乗ったのが、改良前の2WD/6ATだ。

エンジンの雰囲気、そしてクルマ全体の動きは「じんわり」という落ち着き感がある。

表現を変えると、クルマ全体が少し重い感じもあるが「これがスカイアクティブX」という「思い込み」があった。

スカイアクティブXは、ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの燃焼に対する考え方を融合した発想だ。

これまでこの形式、またはこの形式に近いエンジンを世界市場向けに大量生産したメーカーは、マツダ以外にいない。

だから「この走りを受け入れるべき」という、筆者としての思い込みがあった。

思い込みの原点 ドイツでの試験走行

筆者がそう思い込むには、ワケがある。

時計の針を、2017年9月まで戻そう。

スカイアクティブXを組み合わせるプロトタイプ。
スカイアクティブXを組み合わせるプロトタイプ。    AUTOCAR英国編集部

ドイツ・フランクフルト郊外にある、マツダモーターヨーロッパ。ここで、スカイアクティブXの世界初公開と公道試乗会が実施された。

用意された試作車は前モデルのマツダ3(日本のアクセラ)。エンジンフードを開けると、直列4気筒ユニットにしては多くの補機類に囲われ、エンジンルームは満杯状態に見えた。

超希薄な燃焼を実現するため、吸気量を増やすスーパーチャージャー、また低回転域でのトルクを下支えするためのモーターまで搭載。

事実上のマイルドハイブリッド車であった。

試乗は一般道を通ってから、速度無制限エリアもあるアウトバーンへ。200km/h近くでエンジン性能をチェックした。

現地では、「ミスター・スカイアクティブ」こと、人見光夫(現:シニアイノベーションフェロー)、また藤原清志氏(現:代表取締役副社長)といったマツダの技術系上層部が勢揃い。

マツダのクルマ作りにかける熱い想い、そしてスカイアクティブXの独創性について様々な側面から意見交換した。

そうしたマツダの実態を知る中で、スカイアクティブXが新たなマツダ3に搭載され量産化されること自体が、自動車産業における偉業だと感じていた。

ところが……。

 

人気記事