新型アウディTTのインテリアを公開

公開 : 2014.01.09 21:30  更新 : 2017.06.01 02:14

2015年に登場する予定の新型アウディTTのインテリアが、ラスベガスで行われている国際家電ショー(CES)で発表された。

アウディは、ゼロから次世代アウディTTのインテリアを作成したという。そのデザインは、センター・コンソールにインフォテーメントを表示するディスプレイを配置する従来のようなものではない。すべてのインフォテーメントの情報が、メーター・クラスター内に収まっているのだ。

クラスター内には12.3インチのスクリーンが収まるが、そのデザインは古典的なインストルント・クラスターか、現代的なコンビネーションかを選ぶことができる。また、このスクリーンは、スマートフォンのようにズームやスクロールが可能で、テキスト検索も可能だという。

一方、エアコンなどのスイッチは吹き出し口に設けられたスイッチで操作し、警告灯などはダッシュボード中央の配置される。

ちなみに、アウディはすでにプジョーRCZBMW Z4メルセデス・ベンツSLKなどをベンチマークに新型TTのテストを行っている。ニュルブルクリンクでも走行テストを頻繁に行っているようだ。新しいフォルクスワーゲン・グループのMQBプラットフォームに基いて製作されFWDと4WDの2つの駆動方式を持つ。2015年モデルとして、2014年末に発表される予定だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×