【セーフティカーの市販版?】アストン マーティン・ヴァンテージ 新モデル22日公開予定

公開 : 2021.03.19 19:05  更新 : 2021.03.19 21:38

アストンは3月22日、ヴァンテージの強化版と思われるモデルを発表予定。出力や動力性能向上が期待できます。

アグレッシブなエアロパーツ搭載

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アストン マーティンは、22日の公式発表に先立ち、ヴァンテージのアップグレード仕様と思われるモデルをプレビューした。

詳細は公表されておらず、プレビュー画像ではほとんどわからないが、大型のリアスポイラー、専用のホイールデザイン、アグレッシブなサイド・エアアウトレットなどの改造が施されていることが確認できる。

公開されたプレビュー画像
公開されたプレビュー画像    アストン マーティン

また、カラーリングは、先日公開された2021年のF1シーズンに使用されるセーフティカーのカラースキームを反映しているように見えることから、これの市販バージョンである可能性もある。

公開予定日は、アストン マーティンが60年以上ぶりにF1のグリッドに登場する数日前だ。

新たに登場するということは、セーフティカーと同様に、標準モデルよりもパワーアップし、ダイナミクスも向上すると考えるのが妥当だろう。

パワートレインやシャシー強化に期待

つまり、AMG由来の4.0L V8ツインターボの出力は、510psから535psに引き上げられ、トルクは63.7kg-mと変わらないものの、トランスミッションを調整することでよりフラットなトルクカーブを描き、高速域での加速を向上させていると思われる。

このプレビュー画像で見られるエアロパッケージは、単なるデザイン上のものではない。アストンによると、セーフティカーの巨大なフロントスプリッターだけで155.6kgのダウンフォースを200km/hで発生させるというが、これは標準モデルの2倍以上の能力だ。

今シーズンのF1に使用されるヴァンテージのセーフティカー
今シーズンのF1に使用されるヴァンテージのセーフティカー    アストン マーティン

22日に発表されるクルマがセーフティカーと同じメカニズムであれば、シャシーもアップグレードされ、フロントエンドに補強材が追加されて剛性が向上しているはずだ。

セーフティーカーでは、サーキット走行に必要な無線機能や専用ディスプレイを備えているが、市販モデルには導入されないと思われ、インテリアに大きな変更はないと予想される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

アストン マーティンの人気画像

×