【デザイン評価】ホンダ・ジャズ(フィット) 独「レッド・ドット・デザイン賞」受賞

公開 : 2021.03.31 19:25

欧州において「レッド・ドット・デザイン賞」をホンダ「ジャズ」、「ジャズ・クロスター」が受賞しました。

欧州においてジャズのデザイン評価

ホンダは、2021年3月31日、「レッド・ドット・デザイン賞」プロダクトデザイン部門において、大型バイク「フォルツァ750」と並んで、コンパクトカーの「ジャズ」、「ジャズ・クロスター」(日本名:フィット/フィット・クロスター)が受賞したと発表した。

レッド・ドットは1955年に設立された、世界的に権威あるデザインに関する賞の1つ。

ホンダ・ジャズ/ジャズ・クロスター(欧州仕様)
ホンダ・ジャズ/ジャズ・クロスター(欧州仕様)    ホンダ

主催はドイツ・エッセンを拠点とするノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター。プロダクトデザイン部門は51カテゴリーに分けられ、主に工業製品を対象に、デザインの革新性、機能性、耐久性、人間工学など9つの基準から審査される。

日本ではフィットの名で発売されるホンダ・ジャズは、インテリアのコンセプトを「日常の移動を心地よい時間に変える」と定め、前後席ともに長距離ドライブでも疲れにくい快適な座り心地を実現するなど、ドライバーだけでなく乗員すべてにとって快適な空間を目指したという。

エクステリアのコンセプトは「日常に最も心地よいパートナー」。親しみ、安心感、走りをキーワードに、広く愛されるデザインを目指したという。

本田技術研究所デザインセンターの南俊叙執行役員、センター長は、以下のようにコメントした。

「昨年の受賞に引き続き、今回も世界的なデザインアワードであるレッド・ドットより、プロダクトデザイン部門で賞をいただくことができました」

「これはホンダの創業から引き継がれる『人々の暮らしをより豊かにする』というデザインに込めた想いを評価していただけた証だと考えます」

「われわれはこれからも変わらずこの想いを踏襲しながら、さらに枠にとらわれない『驚きと感動』を提供できるデザインを目指し続けていきます」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ホンダの人気画像

×