【CEV補助金追加】大幅値下げのテスラ・モデル3 リーフと比べてもお得といえるワケ 

公開 : 2021.04.01 05:45

CEV補助金が拡大し、値下げしたテスラ・モデル3がお得になりました。日産リーフと比較してもメリットはあるといえます。

もくじ

2種類のCEV補助金が追加
テスラ・モデル3は大幅値下げ
リーフより価格・航続距離でメリット
テスラサービスセンター全国4か所だが……
値下げされたモデル3「楽しい選択肢」

2種類のCEV補助金が追加

text:Yoichiro Watanabe(渡辺陽一郎)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

2021年3月26日に、第3次補正予算のCEV(クリーンエネルギー自動車)補助金が明らかになった。受け付けも開始する。

今回のCEV補助金で注目されるのは、補助金が3種類に増えたことだ。自分の購入方法に合った補助金を選べる。

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3    テスラ

最も一般的なコースは、従来と同じ「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金」になる。補助金交付額は従来と同じで、電気自動車の上限は40万円(給電機能を備えて場合は42万円)になる見通しだ。

新たに加わったのは「経済産業省補助金」と「環境省補助金」。「経済産業省補助金」は個人ユーザーのみが対象で、最大60万円が交付される。

そのためにクリーンエネルギー自動車とあわせて、電気自動車から自宅に電力を供給するV2H機器、電気自動車から家電製品に電力供給をおこなうV2L機器を同時購入することが条件だ。モニタリング調査への参加、災害時の自治体への協力も求められる。

「環境省補助金」は個人や企業を幅広く対象にしており、最大80万円が交付される。ソーラーシステムなどにより、自宅や事務所の電力を100%再生可能エネルギーで調達して、モニタリング調査への参加も条件になる。

テスラ・モデル3は大幅値下げ

このようにクリーンエネルギー自動車の補助金が多様化していく中で、電気自動車のテスラが2020年2月に大幅な値下げをおこなった。

テスラ・モデル3スタンダードレンジプラスは、後輪駆動を採用して、1回の充電によりWLTCモードで448kmを走行できる。以前の価格は511万円だったが、82万円値下げされて現在は429万円になった。

テスラ・モデル3
テスラ・モデル3

テスラ・モデル3ロングレンジは、前後にモーターを搭載する4WDだ。リチウムイオン電池にも余裕があり、1回の充電でWLTCモードにより580kmを走行できる。以前の価格は655万2000円だったが、今は156万2000円値下げされて499万円だ。

モデル3スタンダードレンジプラスは429万円だから、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金を利用する場合、40万円が交付されて実質389万円で購入できる。メルセデスベンツAクラスのA180セダンと同等の出費ですむ。

自宅にソーラーシステムなどを設置して100%再生可能エネルギーを利用する場合は、環境省補助金の80万円が交付されるから、モデル3スタンダードレンジプラスは実質349万円で手に入る。ミニクーパーD 3ドアなどと同程度の出費だ。

経済産業省と環境省の補助金には条件が多く、利用できるユーザーは限られるが、電気自動車をさらに割安に買えるようになった。

テスラの値下げは、補助金の改定と歩調をあわせており、タイムリーなものとなった。

関連テーマ

人気テーマ