レクサスCT200h Fスポーツ

公開 : 2014.02.25 21:30  更新 : 2017.05.29 19:24

■どんなクルマ?

2011年にヨーロッパに導入されて以来、レクサスのベストセラー・カーとなっているCT200hのマイナーチェンジ・バージョンだ。そのメインとなるのはスピンドル・グリルを採用したフロント・エンドである。

しかし、レクサスは、単に外観の変更だけでなく、テールゲートのまわりで20箇所以上の溶接スポットを増やした。その結果、悪名高いCT200hのサスペンションのスプリング・レートを高くすることができたという。また、NVHを中心に、レクサスらしからぬ味わいを消すために94箇所におよぶ改良を施している。

そのパワー・ユニットは、トヨタ・プリウスにも採用されている98bhpの1.8ℓエンジンと、81bhpの電気モーターという組み合わせがそのまま採用されている。しかし、よりコンベンショナルで直感的なドライブ・フィーリングを得るため、直線的な回転上昇となるようにコンピュータはリマップされている。

インテリアは、ロータリー・リモート・コントロールがインフォテーメント・システムのために採用された。

ビジネス・ユーザーからすれば、CO2排出量が削減され、同時に価格も下げられたことば良いニュースだ。15インチ・ホイールを履くベーシックなSグレードでは、£1,000(17万円)ほど値段が下げられ、CO2排出量も5kg/km低い82g/kmとなった。今回試乗した17インチ・ホイールを履くFスポーツ・グレードでさえ、以前に比べて£1,250(21万円)安くなっている。また、CO2排出量も11%低い95g/kmとなっている。

■どんな感じ?

初代のCT200hが愛すことができないクルマであったかもしれないが、少なくともこのセカンド・ジェネレーション・モデルではそういったことはなくなってはいる。その称賛の原因は、リアのスポット溶接にあるといえる。セスペンションがしなやかになったのが、すぐに分かる。Fスポーツの17インチ・ホイールでは、その流暢さはまだまだライバルに負けているかもしれないが、少なくとも脳みそを揺り動かくような前モデルのフィーリングななくなった。

また、エンジン速度と実際のスピードとの関連性も遥かに説得力のあるものとなった。特に中速域での改善は目覚ましい。静かで快適な走行が楽しめる。しかし、フロアが共鳴するようなフィーリングがまだあるのも事実だ。

メーカーのアナウンスによれば0-100km/h加速は10.3秒というが、バッテリーが目一杯積まれたハッチバックは、実際にはもっと遅い感じがする。なかなか交通の流れにスムーズに乗るのは難しいようだ。

レクサスはそのステアリング・コラムの強度も高めたという。しかし、ISから移植されたホイールを持つFスポーツでは、その効果は余り見られなかった。フィードバックが不足しているのだ。また、ブレーキのタッチも、最悪の部類に入るものだった。

■「買い」か?

そのエフィシェンシー以外に、CT200hを推薦する理由はあまりみつからない。以前のモデルよりは、より安く、より静かで、より快適になったが、それはこのクラスのレベルを超えるものではない。燃費もレクサスの言うように24.4km/ℓというわけにはいかず、実際には3日間のテストで15.9km/ℓを超えることはなかった。

残念ながら、もっと税制で優遇されるディーゼル・モデルや、オールラウンダーなモデルをわれわれは推薦するだろう。

(ニック・カケット)

レクサスCT200h Fスポーツ

価格 £26.745(457万円)
最高速度 180km/h
0-100km/h加速 10.3秒
燃費 24.4km/ℓ
CO2排出量 94g/km
乾燥重量 1410kg
エンジン 直列4気筒1978cc + モーター
最高出力 134bhp + 81bhp
最大トルク 14.5kg-m + 21.2kg-m
ギアボックス E-CVT

関連テーマ

 
最新試乗記