【帰ってきた相棒】スズキ・ジムニー 英国市場へ復活 排ガス規制で商用車のみ

公開 : 2021.07.05 18:05

欧州排ガス規制により英国から撤退していたスズキ・ジムニーが、2人乗りの小型商用車として再導入されました。

規制の緩い商用車として復活

text:AUTOCAR UK編集部
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

昨年、排出ガス規制で英国市場から撤退したスズキ・ジムニーが戻ってきた。今回は2人乗りの商用仕様のみの販売となる。

新型ジムニー・ライト・コマーシャル・ビークルの価格は1万6796ポンド(257万円)からで、2021年に英国で「ごく限られた台数」のみ販売される予定だ。

スズキ・ジムニー・ライト・コマーシャル・ビークル(商用車仕様)
スズキ・ジムニー・ライト・コマーシャル・ビークル(商用車仕様)    スズキ

スズキの英国法人は、1年前にジムニーの乗用車仕様の販売を中止することを発表したが、これはジムニーが同社の企業平均CO2排出量に悪影響を及ぼすためだった。

しかし、商用車としてホモロゲーションを取得することで、欧州連合(EU)の企業目標値が緩和され(乗用車95g/kmに対し、商用車147g/km)、EUからの制裁を回避することができる。

装備は乗用車仕様と同等

ジムニーには機械的な変更はない。最高出力101psの1.5L 4気筒自然吸気ガソリンエンジン、3リンク・リジッドアクスル・サスペンション、ローレンジ・トランスファーギア付きパートタイム4輪駆動システムを搭載している。

インテリアでは、後席の2つのシートを廃止し、フラットな荷台スペースを確保。また、前席への荷物の流入を防ぐセーフティ・パーティションを採用している。

スズキ・ジムニー・ライト・コマーシャル・ビークル(商用車仕様)
スズキ・ジムニー・ライト・コマーシャル・ビークル(商用車仕様)    スズキ

安全面では、デュアルセンサー・ブレーキサポート、ヒルホールドおよびヒルディセントコントロール、緊急時支援機能「eコール」など、乗用車仕様と同様の装備を採用している。

他の市場では3気筒ターボエンジンなどのパワートレインも導入されているが、英国の広報担当者はAUTOCARに対し、法人の顧客やオフロード愛好家は既存のエンジンラインナップに満足していると述べている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事