新型トヨタGR86/スバルBRZ 本当にクルマ好きが楽しめる? 試乗

公開 : 2021.07.17 12:15  更新 : 2021.07.18 22:54

新型トヨタGR86/スバルBRZの試乗記。クルマ好きが本当に楽しめる? 2台を試乗してジャッジします。

トヨタGR86/スバルBRZのスペック

text:Takuo Yoshida(吉田拓生)
editor:Taro Ueno(上野太朗)

トヨタGR86とスバルBRZの主要諸元は以下の通り。いずれも開発目標値。

トヨタGR86(開発目標値)

価格:-
全長:4265mm
全幅:1775mm
全高:1310mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1270kg(6MT)
パワートレイン:水平対向4気筒2387cc
最高出力:235ps/7000rpm
最大トルク:25.5kg-m/3700rpm
ギアボックス:6速マニュアル/6速オートマティック

スバルBRZプロトタイプ(開発目標値)

トヨタGR86
トヨタGR86    前田惠介

価格:-
全長:4265mm
全幅:1775mm
全高:1310mm
ホイールベース:2575mm
車両重量:1260kg(6MT BRZ R)
パワートレイン:水平対向4気筒2387cc
最高出力:235ps/7000rpm
最大トルク:25.5kg-m/3700rpm
ギアボックス:6速マニュアル/6速オートマティック

どうぞご自由に、は自信アリの証か?

新型のトヨタGR86とスバルBRZの試乗会が袖ヶ浦FRWで開催された。

試乗会によく使用される袖ヶ浦だが、メーカーにより「先導車つき」、「トラコンOFF禁止」「ドリフト禁止」の但し書きが付くことが多い。以前GRスープラの時も「ドリフト禁止」だったが、今回は何のエクスキューズもなかった。相当自信があるということか?

試乗会の模様。最初は現行モデル(初代)のBRZ。その感触が残っている状態で、4台の新型(BRZのMTとAT、GR86のATとMTの順)を試乗する。
試乗会の模様。最初は現行モデル(初代)のBRZ。その感触が残っている状態で、4台の新型(BRZのMTとAT、GR86のATとMTの順)を試乗する。    トヨタ

本稿では新型GR86/BRZは走り甲斐のあるモデルに仕上がっているか? そして両者の感触の違いに的を絞ってみようと思う。

1台につき4ラップという今回の試乗は、クルマの停車位置も含め、まるでトヨタの工場の「ジャスト・イン・タイム」のように整然とプログラムが組まれていた。

最初は現行モデル(初代)のBRZ。その感触が残っている状態で、4台の新型(BRZのMTとAT、GR86のATとMTの順)を試乗する。

1台目の現行BRZは筆者にとって久々のドライブだった。

以前、袖ヶ浦で試乗した記憶があり、その時は少し柔らかめのアシで捉えどころのないシャシーと、レスパワーのエンジンのおかげで、短時間試乗では判然としない印象で終わっていた。

ところが今回は最終型に近い個体(?)だったのか、以前よりもはるかにクルマ全体が精確な感じで、FRらしいドライビングが楽しめた。

「BRZ、いーじゃないか!」となったところで新型に乗り替えた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事