次期プジョー4008 新たなクーペSUV、プロトタイプ発見 ベースは308か

公開 : 2022.03.18 18:25

プジョー4008と思われるテスト車両をドイツで発見。308ベースのクーペSUVになると考えられます。

スポーティなクーペSUV

プジョーの新型「4008」と思われるプロトタイプが、ドイツの公道でテストしているところを目撃された。

この新型車はプジョー308をベースに開発されているもので、プジョーのエンブレムと牙のようなLEDライトが確認できる。

プジョー4008と思われるプロトタイプ
プジョー4008と思われるプロトタイプ    AUTOCAR

4008が公の場で目撃されるのは今回が初めて。既存の3008よりも低い車高と滑らかなルーフラインを持ち、いわゆるクーペSUVのスタイルをとっている。

また、シトロエンC5 Xとほぼ同じサイズに見える。欧州に導入されれば、ルノーアルカナフォルクスワーゲンTロックキア・スポーテージなどと競合することになるだろう。

画像では、ステアリングホイールやドアトリムの一部、デジタルコックピット、フラットボトムのステアリングホイールなど、運転席側のインテリアも見ることができる。

新型308とパワートレイン共有?

このプロトタイプが発見される前、プジョーのリンダ・ジャクソンCEOは、3008のクーペスタイルを導入する計画はないと述べていた。

ジャクソンCEOは2月、AUTOCARの取材に対し、「当社はコアモデル戦略、つまり利益のボリュームのある主要モデルに取り組んでいます」と説明している。

プジョー4008と思われるプロトタイプ
プジョー4008と思われるプロトタイプ    AUTOCAR

4008は308をベースにしているため、ガソリンとディーゼルエンジン、そしてPHEVが導入されるだろう。また、完全EVが登場する可能性もある。

今年後半に登場予定のe-308は、最高出力156psと最大トルク27kg-mを発揮し、54kWhバッテリーによる航続距離は約400kmとなる見込みだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

プジョーの人気画像