マセラティ、新型EV3台を来年発売 グラントゥーリズモ電動化 ギブリは廃止?

公開 : 2022.03.18 18:05

マセラティが電動化戦略を発表。2025年までに6台のEVを投入し、そのうち3台は来年発売する予定です。

グラントゥーリズモEV 来年発売

マセラティは来年、3台の新型EVを発売すると発表した。

このEVシリーズは「フォルゴーレ(電光、稲妻の意)」と名付けられており、最高出力1200ps以上の新型グラントゥーリズモを筆頭に今年後半から公開され、2023年に発売予定だ。

マセラティ・グラントゥーリズモ
マセラティ・グラントゥーリズモ    マセラティ

マセラティは、「フォーミュラEに由来する最先端の技術、優れたパフォーマンス、快適性、エレガンスなど、トライデントを代表するすべての要素を提供します」と述べている。さらに、0-100km/h加速は3秒以下、最高速度は300km/h以上を達成するとのこと。

また、ソフトトップのグランカブリオも来年登場する予定だ。

間もなく公開される新型SUVのグレカーレは、まず内燃エンジンやハイブリッドを採用するが、来年にはEVバージョンも登場する予定である。

売れ筋はやはりSUV ギブリは廃止?

さらに来年以降、2025年までにはMC20クアトロポルテおよびレヴァンテの電動モデルが登場するという。

昨年、マセラティは世界で2万4269台を販売し、前年比41%増を記録した。販売台数の59%をレヴァンテ、33%をギブリが占めている。スポーツカーのMC20は1%。世界市場シェアは2.4%、純売上高は20億2000万ユーロ(約2660億円)だった。

マセラティは2025年までに6台の新型EVを投入する計画だ。
マセラティは2025年までに6台の新型EVを投入する計画だ。    マセラティ

昨年は販売の3分の1を占めたギブリだが、将来のラインナップ計画には織り込まれていない。とはいえ、いまのところギブリの生産終了時期は未確定だ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

マセラティの人気画像