約90分で完売! 英国向けのトヨタGR86 再導入計画は「なし」 手頃なスポーツクーペ

公開 : 2022.04.22 19:45

英国向けのGR86が、受注開始から約90分で完売。衝突安全規制のため、再導入の計画はありません。

熱狂的な支持を得た日の丸スポーツカー

英国向けのトヨタGR86が、受注開始後90分で完売した。

GT86(日本名:86)の後継として投入された新型GR86は、今月初めに英国で販売を開始。2万9995ポンド(約495万円)からという価格は、販売中のスポーツクーペの中でもかなり手頃な部類に入る。

トヨタGR86
トヨタGR86

発売から1時間半足らずで予定数に達したため、トヨタは英国での注文プラットフォームを閉鎖した。

欧州でのGR86の生産は、まもなく導入される衝突安全規制に適合しないことを理由に、2年間しか行われないことが決まっている。トヨタの英国部門はAUTOCARに対し、同市場向けの追加導入は「現段階では計画にない」とコメントした。

とはいえ、買い逃した人たちのために、救済措置も用意されている。トヨタによれば、注文がキャンセルされた場合に備えて、キャンセル待ちができるようになっているという。注文しようとした時系列順にリスト化され、キャンセルが発生次第、スロットが割り当てられるとのことだ。

早々の完売を受け、トヨタの広報担当者は次のように述べている。

「このような人気は、初期のプロトタイプが英国の自動車メディアから熱狂的に支持されたこと、また、2年以内に欧州での生産が終了する予定であることを反映したものです」

GR86の英国での納車は、7月に開始される予定だ。

比較的手頃な価格設定

3万ポンドを切るGR86の英国価格は、マツダMX-5(日本名:ロードスター)の中級グレードと同程度だ。

英国仕様では、ミシュランPS4タイヤを装着した10本スポークの18インチアルミ、スマートフォン連携機能付き8.0インチタッチスクリーン、バックカメラとブラインドスポットモニター、LEDアダプティブヘッドライト、7.0インチのデジタルメーターディスプレイを備えた1グレードのみを展開するという、シンプルな価格体系となっている。

トヨタGR86
トヨタGR86

また、2090ポンド(約35万円)でトランスミッションをATに変更できる。

新型GR86は、共同開発されたスバルBRZとともに昨年公開され、英国ではグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでダイナミックなデビューを飾った。英AUTOCAR編集部はその数か月後にスペインでプロトタイプを試乗している。

スバルBRZは欧州では販売されない。トヨタは、この2つのモデルは「友好的なライバル関係」を通じて開発され、どちらも「明確なドライビングフィール」を提供するとしている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジェームス・アトウッド

    James Attwood

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

トヨタ 86の人気画像